映画 The Night of the Hunter (狩人の夜)に見るアメリカの銃文化、単純化するものの見方

フロリダの高校で2月14日に銃乱射事件が起きた。幾度も繰り返されるシーンだが、政治家は憲法修正第2条を盾に銃規制に動こうとはしない。その高校の代表者や亡くなった生徒の親が必死にトランプ大統領に「何とかしてください」と訴えると、

「(子供を守れる)しっかり銃を扱える先生がいればいいんだが」

と言って人々を驚かせたが、彼は案外心底そう思っているかもしれない。そして、その大統領の言葉に同意する人も少なくないかもしれない。タイトルにある古い映画を思い出した。

映画 The Night of the Hunter (狩人の夜)

監督 Charles Laughton 脚本  ames Agee

公開 1955年

モノクロームのThe Night of the Hunter (狩人の夜) は悪人と善人、罪人と純真無垢な子供、言葉に騙されてしまう大人と嘘を見抜く子供、愛と憎しみなどがくっきり二つに分かれて現れる。

ロバート・ミッチャム扮する偽伝道師ハリーは右手の指にL ・O ・V・ E 、左手の指に H・ A・ T ・E と刺青を入れて、その手を組んで、まやかしの説教に使う。そのシーンは有名だ。

ある日、少年ジョンの父親ベンが慌てふためいた様子で札束を握って家に帰ってくる。強盗殺人を犯して得たそのお金をある場所に隠した後、警官に取り押さえられるのだが、その場にいたジョン(8歳くらい?)に「決して誰にも隠し場所を言うな、お金は将来お前のものになる」と言い聞かせる。妹の面倒もみるようにとも。彼は刑務所に送られ死刑になるのだが、そこで一緒になったハリーは隠し場所は子供に関係があるとみて、ベンの妻と結婚してまで子供たちに近づいて行く。巧みな言葉で人々を騙すが、ジョンを騙すことはできない。身の危険を感じてオハイオ川に逃げるジョンと妹のパール、追いかける継父。身を寄せた二人を護る女性レイチェルは善そのもの。

闇夜の庭から近づいてくる悪人ハリーに善人レイチェルはリビングルームでライフルを抱えて待機している。真っ暗な画面に光が当たるのはライフル。悪は外からやってくる。そしてその悪に立ち向かい、家族や自分たち善を守るためには銃が必要なのである。分かりやすい。闇の中で偽伝道師と真のクリスチャンであるレイチェルが同じ賛美歌をデュエットするシーンも見ものだ。

作り物の映画の世界ではレイチェルがハリーをライフルでやっつけてくれるし、頼もしい保安官が悪者を一発で仕留めてシャンシャン手拍子で問題を解決してくれる。複雑な事は考えなくて良い。現実は白黒、善悪が混じって存在する灰色の世界で「妥協」が解決方法だったりするが、一般的に妥協は汚い事でもするように見られがちだ。善悪、勝ち負けがはっきりしない。

高校生たちガンバレ

別に高校生たちは一挙に銃保持を違法化してくれとかは言っていない。銃法を変えさせまいと政治資金でアメリカ政界を繰るNRA(全米ライフル協会)の会長席に一時期、俳優のチャールトン・ヘストンが座っていた。

肩を落とすばかりで何もできない大人に代わって高校生たちが何かを動かすかもしれない。若者頑張れ!映画とは大分逸れてしまったけれど。

 

 

Austin, Texas – オースティンマラソン。応援の英語は?「ガンバレ」も通じた!

マラソンをやる人にとって全距離26.219 マイル (42.195Km) のうちの18マイル(約29Km)あたりはめげる地点なんだそうですね。2時間ちょっとで飛ばして行く人には関係ないのでしょうが、普通人は心中、「なんでこんなもんやってるんだろう?俺ってアホか」と自問自答するらしいです、走ったことのある人に聞いたところ。

昨日2月18日、その18マイルの給水ステーションでオースティン・大分姉妹都市委員会を手伝った。私の仕事は水を飲み終えた後の紙コップを拾う役だった。

 

驚いたことにランナーの人たちは大半がゴミ箱(袋)に紙コップを入れてくれるので、拾うことは少なく、投げ入れてくれるたびに ”Thank you”と言うと、”Thank YOU”(こちらこそありがとう), 中には” Thank you for volunteering”とお礼を言ってくれた。そういうわけで、ゴミ拾いより応援で時間を過ごした。

日本語だと、誰に対しても「がんばれ〜」「がんばって〜」と拍手して済む。英語にはそういう都合の良い、オールマイティーな応援言葉がない。「ファイト!Fight!」などと声をかけたら「何言ってんだ?」とせっかくの応援が通じない、というか誰もそんな事は言わない。

マラソンのスタート地点近辺では”Good luck!”が「頑張ってね!」に近いか。

「足が痛い。どうしよう、歩きたいけどもう少し頑張ろうかな」と18マイルの給水所に, やっと着いたような人に”Good luck!”は適当ではない。道路脇で応援していたある女性は頑張っている気持ちを讃えるように、
“You are doing great, guys!”とか

”You’re awesome!(すごい)”

と叫びながら手に持ったカスタネットのようなものを鳴らしていた。声が良く通る。あの声はどう頑張っても出せない。声帯や骨格の違いからくるのだろうか。バレーコスチュームのような衣装で走ってきて紙コップを捨てた女性に、

“Thank you, you’re pretty! “と言うと、

“Thanks! I like your kitty hat.”

と私が被っていたドラえもんの帽子を指して笑った。日本人ランナーは「あっ、ドラえもん」と言って目が会うとニコっと笑って手をあげてくれて、「がんばれ〜」と私も手を振った。この帽子は大成功で

“You rock(最高!)”とハイファイブを求めてきた青年がいた。イェイ、もちろん手を合わせた。給水場のスポンサーが日本関係者のためか、「アリガトー」と言ってくれる人も多く、そういう人には「ガンバレ〜」と日本語で声をかけた。その他、

“Way to go!”
“You look good”

と言う応援者もいる。
一緒にステーションにいた、自分もランナーという男の子はへとへとになって歩いているランナーのそばに行って

”You can do it!””Strong finish!”

「やれるよ、がっちりフィニッシュ決めようぜ」みたいに拳をあげて励ましていた。このあと一直線を走ればゴールだ、というような場所では

“Almost there! ”

と声をかけたりできるだろう。究極の応援。膝の抜けたジーンズに長い黒髪の女の子が街灯のポールに寄りかかっていた。ゴミ箱のすぐそばだったので気が付いたのだ。ランナーの中に、目的の青年を見つけると声をかけた。そして、走ってきた彼に抱きつくと「ブチュ」っとほっぺたにキスをした。彼のほっぺたには真っ赤な唇の「応援のスタンプ」が残り、二人は何かささやき合って、そして彼は走り去った。

ボストンマラソンを奥様と一緒に走った(中年の)友達は、応援にきていた奥様が暫く伴走した。

「大丈夫?もう少しペース上げられる?」

「死んじゃうよ、そんなん」と答えずに「分かった!」とピッチを上げたのだろう、ボストンに行けるタイムでゴールしたそうだ。ドラマ、いろいろです。あと、お揃いのパーフェクトなシャツとショーツで参加していたカップル。男の子が彼女をおんぶして歩き始めた。みな、目の前で起きた。

もう、そろそろ店じまいという時に、女の人が紙コップを捨てに来て

「これが最初で最後のレースだわ。私71歳になるのね、普段はカントリーダンスをやってるのよ。夫がトイレに入ってるんだけど、あの人どうしちゃったんだろ?」と世間話をするように話した。その夫なる人がよろよろトイレから出てくると、”He’s coming, nice talking to you”と言って歩き出した。

 

 

 

 

Austin, Texas – 日本フィギュアスケーターを応援するアメリカ人カップル

2月18日に開催されるオースティンマラソンに出場する選手の歓迎会がBBQレストランであった。

選手は男女一人ずつ、オースティンの姉妹都市である大分から送られてきたランナー。去年はその逆にオースティンから選ばれたランナーが毎日大分マラソンで走った。歓迎会にはその選手も同席していた。和気藹々と歓談し、選手たちにはカウボーイハットやオースティン産の日本酒(Texas Sake)がプレゼントされ、そして、みんなで「ガンバレ!」と日本語で応援して会を終えた。

レストランのイベント会場から出口に向かう所には大型スクリーンのテレビがかかっていて、オリンピックのフィギュアスケートが映し出されていた。そこを通り抜けようとすると座っていたカップルの奥さんの方が、

「Excuse me… are you from Japan?」と話しかけてきた。

「はい、そうです。日曜日のマラソン大会に出場する大分からの選手を歓迎する会があったのです」と言うと、スマホを取り出して、

「うちの娘が交換留学で早稲田に行っていた時のものです。私たちも東京に二度ほど行きました、それでちょっと話したかったのです」と着物姿の娘さんとホストマザーが一緒の写真を見せてくれた。着物や学校のことなど暫くおしゃべりすると、テレビの画面を指差して

「日本のフィギュアスケーターは素晴らしいわ。昨日は夢中で応援しましたよ。今日も、ここで彼らの出番を待っているんです」と。

このカップルにしろ、日本各地の学校に行きJETプログラムで英語を教えていた人などは体験を話し出すと止まらない。民間外交という聞き古した言葉が思い出される。そして、それはとても有効だと分かる。

このカップルや世界中の応援団の心が伝わったのだろう、羽生選手と宇野選手が金銀メダルを取った。実にめでたい!

明日のマラソン大会でも大分の選手に頑張ってもらおう。

ところでめでたいと言えば、宝くじ、くじびき、懸賞など絶対当たらない私と夫だが、このパーティでガールスカウトクッキーが当たった。吉祥かな?