映画 The Help

 

The Help 2011

The Help 2011

公開2011年 監督・脚本 Tate Taylor

公開されてから5年も関心を持たずにいたのが悔やまれた。

 

 

 

 

 

ブルシット! Bullshit!

ブルシット! Bullshit!

映画やアメリカ人の会話の中にしばしば現れるshitに興味を持って聞き取り調査を始めたのが2年前の2014年。表現の数々を集め、イラストを加えて「ブルシット!Bullshiti!」という本に仕上げた。今まで観た映画の中から

bullshit

When shit hit the fan

Nobody gives a shit

やその他、代表的なshit表現の出てくる映画を本で取り上げたのだが、もしThe Helpを観ていたら確実にリストに加えた。なぜなら

“Eat my shit.”「私のクソを喰らえ」

という短かい命令文が、物語全体の要のように使われているからだ。

黒人メイドのミニーは、人種差別を当然とし権力を振るう若い白人女性ヒリーに対して、ダビデがゴリアテに放った石のようにこの言葉を発した。

背景

舞台は1963年のミシシッピ州のジャクソン。アメリカが大きく変わろうとしていた時期だ。

ワシントンD.C.でマーチン・ルーサー・キング牧師による大行進があり、公民権運動が大きなうねりとなっていた。ケネディー大統領がCivil Rights(公民権)を議会で演説し、人種隔離の撤廃や公民権制定を求めていた。当然のことだが、ミシシッピを含む南部諸州はそれに反対した。そして、その年63年にケネディー大統領はダラスで暗殺され、法制定の任を引き継いだジョンソン大統領が翌年、公民権法に署名をした。

ミニーの友達で同じ黒人メイドのエイビリーンの家にはケネディー大統領、キング牧師、それに息子の写真がかかっている。

あらすじ

白人で裕福な家柄の出であるスキーターはOle Miss (University of Mississippi ミシシッピ大学)を出たばかり。ジャーナリストを志望していた。自分を育ててくれた黒人メイドの行方を母親に聞くがはっきりした答えは得られない。一方、彼女はジャクソンに住む友人たちの黒人メイドへの理不尽な扱いに腹を立てていた。そして、本物のジャーナリストになるためにも、メイドの目を通して人種差別の実態を暴いた本を書くことにした。スクーターに説得されたエイベリーンとミニーは、不承不承ながら体験を語る役目を引き受けるが、次第にプロジェクトに積極的に加わって、他の黒人メイドも引き込んで行った。

メイドからの十分な証言、いなくなったメイドの母からの証言を取り本の完成が近づいたものの、出版されると、ジャクソンの誰が話題になっているのかが分かってしまい、身の危険がある。そこでミニーが「保険策」の提案をした。

町の社交界の仲間を牛耳っているヒリーは メイドに家族と同じ屋内のトイレを使わせない運動を展開していた。ある日、ミニーは嵐の真っ只中、メイド用の外のトイレを使うことを拒否してヒリーに解雇された。後日、料理上手な彼女はミニーにチョコレートパイを作って陳謝の意を表するために出かけた。ヒリーは散々嫌味を言ったが、喜んで2切れも食べた。

そのパイの中に何が入っていたのか…

そして、それがなぜ保険策なのか…

人種を超えた女性同士の友情、信頼、また、親子の情などで物語が構成されており、温かい気持ちで観終えることができる。

その他

アアパルトヘイトのような人種差別が法的にアメリカで禁止されてからたったの50年しか経っていない。法で有色人種の人権が守られるようになったのは東京オリンピックの年だ。人種問題は危ういバランスの上に立っている。

Mississippi Burning

Mississippi Burning

 

この年、白人の公民権運動家がミシシッピ州で殺されているが、それを題材にしたMississippi Burningは手に汗握る系のサスペンス劇である。それが下地にあったために、The Helpを避けていたのかもしれない。

 

 

 

 

本「続 直観でわかる数学」ー 数学の根源である算数を分かるために

「続 直観でわかる数学」畑村洋太郎 2005年岩波書店

物忘れや認知症の心配をしてもおかしくない年になって、数学の本を読んだ。「直観でわかる」であって、「直感でわかる」ではない。この本を読めば魔法の力が宿るようになって、考えなくても直ぐに数学の問題が解けるようになる、と期待して読むとがっかりする。そういう本ではないからだ。

直観数学続編である本書は小学校の算数について書かれている。今更やり直しても仕方ないと思うかもしれないが、数学を苦手としていた 物覚えの悪い私が「わかんない〜」とつまづいた、先生も親も誰も教えてくれなかったことを、

「わかんないことがあってもいいの。それはこんな風に考えればいいんだよ」

と考え方のプロセスを教えてくれる。しつこいくらいに「わかる」ためのプロセスを説明する。

考えると共に試行と失敗の繰り返しを経て「わかる」という筋道が立てられるようになることの重要性を説いている。そうすることで、途中のプロセスを飛ばして問題を見た途端に本質が分かるにようになるのだと。それが直観だとも説明している。

私たちは分数の割り算では、分母と分子をひっくり返しにして掛け算をすれば答えは出ると機械的に問題を解く方法を憶えさせられた。その意味をわかろうとはしなかったし、誰も説明を求めなかった。もしかしたら先生も上手く説明できなかったかもしれない。ずっと分からぬまま。それを(くどくどと)説明してくれる。また、数字に対して愛着があるようで、その言い方がおかしい。

随所に現れる「蛇足」が楽しい。その中には、

「…… まちがっても血液占いのような迷信的なものと結びつけはいけない。血液型占いは日本の中でも最低の文化である」とバッサリと言い切っているものもある。

最後に暗記をすることは悪いことではなく、9x9の掛け算より、29x29段までの掛け算を覚えていれば、もっと役立つし、語呂合わせの公式や数字も前進するために有効であると断言している。というわけで、親が

「先生の話をよく聞いて憶えることはきちっと憶えなさい」

と子供に言うのは正しいとも言える。

子供の時によく分からないままでいた鶴亀算をやってみたら、順々にやった4回目の計算で解けた。そして、方程式を使ったら機械的にすぐに解けた。

 

 

 

本「ズームーデイズ」井上荒野

「ズームーデイズ」井上荒野 小学館文庫2008年

「ズームーデイズ」井上荒野 小学館文庫2008年

正直つまんない小説だと思った。本屋で立ち読みができれば買わない本のうちに入る。が、たまたま手に入った日本語の本なので初めから終わりまでイライラしながら読んだ。

ストーリーがあってないような、30女の決められない生活をずるずると書き連らねたものだった。過去に文豪などと呼ばれた人々が自分の「愛の生活」をあーだ、こうだと悶々としながら、自分を天井の上から眺めて書いたモノが認められ、一つのジャンルとなって暴露的に自分の自堕落な生活ぶりを披露した。それを2000年代(2008年文庫本発行)に女性がやると、このような形態になるのか。

明治時代の男性作家が年上女性と同棲して、同時に夫と子供のいる女性と恋仲になっていて、心はその女にある。仕事が入ってこないので、実家に年上同棲女生と一緒に転がりこんで、その顛末を書いたとしたら随分騒がれたかもしれない。

そのミラーイメージで、大して売れない、有名な作家を父親に持つ女性作家が年下男性と同棲しつつ、妻子ある「愛している男性」に、いいように扱われていて、それを暴露小説に仕立てても誰も驚かなくなってしまった。それが、現代の日本なのだろう。

「決められない」自分に重ね合わせて親近感を持ちながら読む人も大勢いるかもしれない。そういう読者と一緒に、決められなくても、仕事がイマイチでも、結婚できなくても延々としぶとく生き延びていくとしたら、そういう読者も大いに共感するだろう。しかし、最後に主人公は年下男性と(仲良しのまま)別れ、都合よく妻子ある愛人より、もっと素晴らしい男が現れ恋をして結婚した。長編小説も書いた。

「こういう事が突然起きるから、読者のあなたも安心してね」というメッセージか。

前に書いたものが良い評価を得ず、大したことも起きなかったのに、「もののはずみ」のような依頼が出版社から来て、それが2冊目の単行本になり、次の依頼も来たと本の中で主人公に言わせているのは、筆者の実体験なのだろう。

有名な作家の子供に書かせた本、というだけでマーケッタビリティーがあるのかもしれない。吉本ばなな、江國香織と言った二世作家はどこか現実離れした、生活の臭いのしない女の子(人)が主人公になることが多い。自分が主体となって、ひっちゃきになっていない。何が起きても「関係ないわ、そんなこと」と、現実と距離を置いて生きていける。生々しく生きるために稼いだりしなくとも済む、そこのところが受けるのかもしれない。