ASA 我が街かわら版 「ひらめが見たテキサス(10)」

日本語を勉強するテキサスの学生

テキサス大学で日本語を教えておられる知り合いから、「学生の日本語インタビューに答えてくれるボランティアを探しています」とメールが届いたので、手を挙げて出かけて行った。

2015-10-30 15.35.25アニメと書かれたテーブルに着くと、自己紹介の後、一人の学生が、日本語で

「アニメは好きですか?」

「秋葉原のイメージは何ですか?」

と次々に聞いた。

「メイドカフェとオタク」

と答えると、3人の男子学生は、してやったりという風に顔を見合わせて笑った。インタビューを主導したのは、長髪の自称「アニメオタク」で、残りの二人は私が 言った答えを書き取った。メ、メ、え〜とメイドとか言い、一字ずつ声に出し、カタカナを思い出しながら

次の質問は難しかった。

「萌えアニメについてどう思いますか?」

と聞かれても、「萌え」の知識がないので答えようがなかった。

「萌えがどういうものか分からないので、答えられない」

と言うと、3人は困ったような顔をして、

「子供の時にアニメを見ましたか?」

と質問を変えた。

「はい、見ました」

「それはどういうアニメでしたか?」

「鉄腕アトムです」

と答えると、3人で、「Astro boyのことだろう」と英語で話し合った。

「それは何がおもしろかったですか?」

と再び日本語になって、最後に

「アニメは日本社会に役立ちますか?」

と大きな質問になった。

「はい役立ちます。外国との文化交流に役立って、とても良いことだと思います」

と締めて、このテーブルのインタビューは終わった。

日本料理、日本での英語教育、大学入試などをテーマとするインタビューテーブルも次々に回った。食べ物については比較的簡単な質問で、答えも簡単だったが、大学入試などについては、質問の文章は簡単でも、真面目に答えようとすると、「いいえ。はい。何故なら」とは済ませられずに天井を向いて暫く沈黙した。

学生の方は「そんなに深刻にならずに早く答えてよ、金曜日の夕方、これから忙しいんだし」と内心思っていたかもしれない。それにしても、ゼロから始めて3年目でインタビューができるようになるのだから素晴らしい。若い柔らかい頭が羨ましい。