ASA 我が街かわら版 「ひらめが見たテキサス(番外編)」

chiken shit bingoテキサス便りも、この番外編で最後となりました。読み返してみると、食べもの、家族、友人のことばかりです。最後に、私が顔を出したテキサスならではの珍奇なイベント“Chicken Shit Bingo”の話を。

それはオースティン市内の古いバーで行われたビンゴの一種で、混み合ったホールの隅に置かれた鶏のケージが使われます。床には1から50の番号が振られていてそこへ満腹顔の鶏が登場。もうお分かりでしょう、どの番号の上に鶏が糞をするか、2ドルの券を買って賭けるのです。ウンの強い客は50人から集めた100ドルを独り占めできます。残念ながら私はビールを片手に鶏に”Shit! Shit! (クソをしろ!)“と他の客と一緒に叫ぶだけに終わりましたが、愉快な体験でした。

 

 

91bBJ3WXlnL._SL1500_私ごとになりますが、私は「ブルシット!Bullshit!」という題の語学エッセーの本を出版したばかりでした。みんな、やたら「シット」(クソッたれ)と言うのに関心を持ったからです。それで「シット」にはとても親近感があったのです。

escape to ausitnその後2冊目の本「Cooper’s Adventures, Escape to Austinを出しました。家族の一員だった猫に愛を込めて作った日英バイリンガル絵本です。どちらもテキサスの暮らしと家族がベースになりました。

私の見聞録が決め手となったわけではないでしょうが、夏に全日空がヒューストンに、秋には日本航空がダラスに直行便を飛ばし始めました。もうテキサスは遠くありません。皆様のお越しをお待ちしております。