映画 La La Land (ラ・ラ・ランド)- 珍しくAmericanオヤジも喜んだミュージカル

 

公開 2016年12月  監督・脚本 Damien Chazelle

期待以上に楽しめた。

女優を目指すミア(エマ・ストーン)は数え切れないほど映画のオーディションで落とされ続ける。その彼女がたまたま知り合ったジャズピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴスリング)の夢は自分のジャズクラブを持つことだ。映画俳優になることも、過去のものとして扱われがちな「正統ジャズ」に拘るピアニストも、一般的には現実離れしたla –la landでの話だ。それを二人は諦めずに現実のものにしてしまう、それだけの単純なストーリーだが、作中で演奏されるジャズや美しいメロディーの主題歌の挿入が自然で実に心地よい。

実は予告編 で、今旬の俳優エマ・ストーンとライアン・ゴスリングがロマンチックに踊るのを観ても、まあ、楽しそうなミュージカルなのね、くらいにしか思わなかった。これは是非観てみたいという気は起きなかった。

映画好きの我がAmericanオヤジは「ミュージカルはやなんだよ、ストーリーが途中で断たれて不自然に歌が挿入されて。それにチックフリック(往々にして甘いストーリーの女性受けするような映画)はゴメンだ」と、この映画に全く関心を示さなかった。ところが、曇って湿っぽい日が続き、あまり消耗しそうな映画には行きたくないという週末に、青空いっぱいのLa La Landは気分を上向きにさせるのにぴったりと思ったのか彼も選択に反対しなかった。

la-la landで検索しても、今現在の検索結果はこの映画ばかりだが、英語の意味としては、現実離れした夢物語の境地にいるような状態、またはハリウッドの映画にまつわるライフスタイル、ロスアンゼルスのことを意味する。映画のストーリーは、まさにこの意味そのものである。

「売れるもの」「生活のため」「お金のため」に自分の情熱を脇に置くのではなく、信念を貫いて自分が誇りに思えるゴールに到達する、という力強いメッセージがこの映画にはある、例え夢物語であっても。このストレートなメッセージは夢を忘れてしまった、かつて若者だった人に夢を思い出させ、将来はこうなりたいと思う若者まで皆の胸に届く。変に難しく成功への傾向と対策を立てず、また、上手くいかない時のための代替え案などを前もって注意深く用意したりせずに、”Just do it!”。これはキャリア選択の話でもある。

主人公二人の繊細な心の動きなどは表現されず、むしろダンスやセブのジャズに見るような体による表現が中心だ。終了間際の二人の心情も言葉はなく、音楽と表情だけで伝えている。話は変わるが、二人の会話の中にKenny Gが出てくるのが可笑しい。ホテルのロビーやエレベーター、どこに行ってもこの人の音楽に追いかけられた体験を持つ人が多いのではないだろうか。