Monthly Archives: February 2017

映画 Paterson ( パターソン)- 淡々と詩人の流れゆく日々を綴った

公開 2016年 監督・脚本 Jim Jarmusch

語呂合わせのようだが、パターソン(アダム・ドライバー)はこの映画の主人公であり、その主人公が住むニュージャージー州の一都市でもある。彼はそこで市バスの運転手をしている。そして詩人。

ストーリーは4行くらいで終わるものだが、それを小学生の作文のように長くしてみる。ネタバレと怒る人が出るかもしれない。

毎朝、決まった時間に目を覚まし、じゃれ猫のような魅力的な妻ローラにキスをして、ベッドから起き上がり、椅子の上にきちっと畳んで準備してある着替えを取る(シャワーを浴びるために)。シリアルを食べ、ランチボックスを提げ、歩いてバスの車庫に行く。

バスに乗って出発時間を待ちながらノートに詩を書いていると配車係のような男が来て挨拶をし、社交辞令として、その人に「今日は元気か?」と聞き返すと、問題が20位あるような返事を返してくる。それも双方にとって一日の儀式のようなもの。運転台から見る町も、乗客も、乗客の会話も詩人の目で映し出されて流れて行く。多くの人が乗り降りするが、彼に興味を覚える人はいない。帰宅後、意思を持った自由犬のブルドッグを散歩させながら行きつけのバーに寄りビールを飲む。それが繰り返される生活。

これだけ聞くと面白くも可笑しくもないつまらない映画に聞こえるかもしれない。日本人には比較的、日常生活を淡々と描く映画の鑑賞眼があるが、アメリカ人のボールがあれば追いかける、棒を持てば振り回すのが自然の男性観客は「つまんない、帰ろう~」とすぐに言い出すかもしれない。が、そういう男性客も彼の部屋に飾られている海兵隊のユニフォーム姿の写真を見ると考えを変え見続けるだろう。

決まりきった生活をし、何が起きても不満を漏らすことはないし、自制心も持っている。そのような生活を続けられるのは気まぐれで天真爛漫、チャーミングな変わった行動をとる妻がいるからだ。

夫が詩人であることを認め讃える妻は彼に「秘密のノート」に書き貯めた詩を失くさないためにコピーを取っておくように指示する。不承不承約束するのだが、それをしないまま出かけたある日、家に残した犬に大切なノートを食いちぎられてしまう。
奥さんは「だから、私があれほど言ったでしょう、もう」などとは言わない。

余談だが、アメリカでは子供が宿題をやらなかった言い訳として「犬に食われた」がよく知られていた。今の子供はそんなバカな事は言わないかもしれない。

食いちぎられたノートに意気消沈した主人公は 滝のあるパターソン市内の公園まで歩くことにした。William Carlos Williamsがこの町についてPatersonという題で書いた詩で有名な場所という。ベンチで呆然としていると、中年の背広姿の日本人に話しかけられる。

話し始めに、必ず”Excuse me….”と言い、”Aha!”とちょっとピントが外れたような言い方をする、この日本人は詩への炎を再び燃え上がらせたいと公園までやって来たと説明した。そうして日本語訳のWilliam Carlos Williamsの詩集を手にする。が、それを見ても、パターソンは自分が詩を書く人間だとは言わない。「バスの運転手」とだけ自己紹介する。秘密のノートを失ってしまった彼は詩人として紹介できるものを何も持たないと感じたからだろう。二人で居心地悪そうな、ぎこちない会話を交わし、一緒に滝を眺めた後、別れ際にもらった手作り風のノートとAha! にインスピレーションを得たか、詩心を再び復活させた。

静かな動きの中に様々な感情を込めて表現しているアダム・ドライバーが素晴らしい。永瀬正敏が最後の重要なシーンを「神秘的な復活を与えた東洋人」という感じで軽く渋く演じている。また、いうことを聞かないブルドックの存在が人間以上に大きい。
パターソンの海兵隊時代の動と今のライフスタイルの静、ほとんど笑わない彼と、お日様のように笑う奥さん。その明るい奥さんの好む色彩のないモノクロームのインテリア、性格の異なる何組かの双子等から陰陽的要素で映画は組み立てられていると感じたのは穿ちすぎだろうか。観終えてから、自分も詩を書いてみたいと思わせられるかもしれない。William Carlos Williamsは小児科医をしていた詩人だった。