映画 Get Out (ゲットアウト)

公開 2017年 監督・脚本 Jordan Peele

往年の名画「招かれざる客」と「ステップフォードワイフ」をミックスして、血と笑いを降り掛けたような映画だ。手に汗系のホラーだが、人種差別のテーマも大きく横たわっている。しかし、スリリング、かつ笑えるストーリーの運びの中では、それを忘れてしまいそうになる。

主人公は都会に住む黒人のカメラマン、クリス。ガールフレンドは白人のローズ。彼を両親に合わせるために彼女が運転する車で家に向かう。クリスは両親に自分が黒人である事を知らせなくて良いのかと聞くが、彼女は「進歩的な両親にとって、そんな事は取るに足らない問題よ」と応えて相手にしない。父親は脳外科医で母親は精神医療をしている。1967年公開の「招かざる客」Guess Who ‘s Coming to Dinnerも同じテーマだが、この年までアメリカ南部諸州では人種を超えた結婚は合法ではなかった。その中でも頑迷なアラバマ州が異人種間の結婚を正式に合法化したのは何と2000年になってからだ。

もっとも、それ以前に結婚したい異人種カップルは他州で結婚すれば良いだけの話だったのだろう。アラバマに行ったことがないので何とも言えない。Get Out ゲットアウトの舞台は明らかにされていないが、南部であることに間違い無い。ドライブ途中でやりとりした警官の態度にもそれが現れている。

到着した二人を両親は愛想よく迎え、家の内外を案内する。壁に掛かる写真を指差して、父親はクリスに「これは私の父親で、オリンピックに出場した時のものだ。ヒットラーの前で黒人ランナーのジェシー・オーウェンに敗れた」と説明する。それは普通に聞いていたが、 親に仕えていた使用人を自分が放り出すわけにはいかないから、引き続き働いてもらっていると説明され、紹介された黒人のウォルターと家政婦の(ような)ジョージナには違和感を覚える。その後ローズの弟も到着して夕食を囲むが強暴性と攻撃性を露わにした彼に好感を持つことはできない。

翌日開かれたパーティーに来た客は白人の年寄りばかり。単に社交を楽しむために集まったとは思えない。その中には盲目のアートディーラーがクリスの写真家としての目を高く評価した。他には老齢の白人女性が若い黒人男性と腕を組んで現れるのだが、その青年はウォルターやジョージナのように不自然で、クリスの若い気さくな挨拶にも応じない。その話を友達(黒人)のTSA職員ロッドに電話で話すと、その青年の写真を撮るように言われる。ロッドに送るためにスマートフォンで写真を撮ろうとした時、意図せずにフラッシュをたいてしまうのだが、すると、それまで異様な穏やかさを見せていた彼は鼻血を流し、豹変して”Get Out!”(ここから出て行け!)とクリスに叫ぶ。

この後、一見普通に見えるが、それでいて薄気味悪いシーンが最後まで続く。手に汗を握りつつ終わりの10分で、そういうことだったのかとストーリー全体が繋がった。分かりの早い人はもっと前に予測できるだろう。TSA職員ロッドが笑いを誘い、クリスと観客を救い出してくれる。

この映画を観た後、偶然にも2月27日号のタイム誌を読んだ。リコンバレーのテック長者が 永遠の若さを保持させるために、「若い血」と年寄りの血を取り替えたり、認知がシャープになる「お薬」のビジネスを企てているというのだ。彼らのことだから、16〜25歳くらいの若い血を「売りたい人」「買いたい人」にネットオークションさせると言い出すことがあるかもしれなが、驚かない。それが、血だけでは済まなくなると、このGet Outの映画のようになるか。何しろ、ローズの父親は脳外科医で、母親は気持ち悪い催眠術を施したりするのだ。もちろんローズはただの可愛い女の子ではない。