映画 The Last Word (ラストワード)- 観客は全部で6人

公開2017年 監督 Mark Pellington  脚本 Stuark Ross Fink

コロンバスのAMC映画館には私と連れを含めて観客が6人しかいなかった。

「こんな経験(がら空きの映画館)初めてだ」と言うと、連れは「去年、中国映画を同じ映画館で観た時には3人しかいなかった」と応えた。

シャーリー・マクレーンが裕福だが孤独な老女ハリエット役を演じている。お得意の口の達者な意地悪バアさん役。、家族を含めて誰も彼も彼女を嫌っている。

ジャック・ブラックと共演した「Bernie バーニー みんなが愛した殺人者」(2011年公開)の大富豪女性と同じよう役柄だ。シャーリー・マクレーンがコメディをやるとしたら、こういう設定意外に考えられないのか。

Bernieバーニーでは、愛を求める孤独な意地悪バアさんのまま殺されてしまったが、The Last Wordでは意地悪バアさんから愛嬌のあるバアさんに変わって、彼女と関わった人に愛されて死んでいく。

ハリエットは新聞社で死亡記事を書いている若い女性を雇って、通り一遍ではない死亡告知記事を自分が生きているうちに書いてもらおうとする。雇われた若いライターのアンも他の人のようにハリエットを嫌い、怒鳴りあったりもするのだが、彼女の過去を調査したりインタビューして、知れば知るほど本質的には素晴らしい人だと分かるようになる。

そのストーリーの運びはフラットと言えばそうだし、ありきたりとも言える。

「心臓病のその名前からすると、あんな元気でドライブしたり、DJしたり、新聞社に乗り込んで怒鳴ったりできんだろう。病気の設定をむしろ癌にした方が良かったかもしれない」
などと言わないで欲しい(連れのコメント)。こういうバアさんになって最後を迎えられたら良いなあ、と思いながら映画館を出るので十分ではないか。シャーリー・マクレーンなんだから、もう一工夫して欲しいなどと厳しい批評をしている人もいる。しかし、巷にはどうしようもない映画が沢山ある。それでも土曜の夕方の公開にたったの6人しか観客が集まらなかったのは、どう見ても宣伝費をケチったか、マーケティングのミスではないだろうか。