Monthly Archives: May 2017

中国映画 Battle of Memories (バトルオブメモリーズ)- 記憶を扱い興味深いが登場人物が錯綜

Battle of Memories

公開 2017年 監督 Leste Chen

この中国映画の観客は日本人の私、アメリカ人の連れ、それに7人の若い中国人グループだけだった。

ここ半年、映画館に足を運ぶことが多いのだが、私たちが選んだ映画は、チケットを前もって買っておかないと席が取れないものと、広い映画館に8、9人しかお客が入らないような映画と二極化していた。

前者はLa La LandやBeauty and Beastのようにメディアで騒がれたもの。それにStar Warsのようなシリーズものが多く、スクリーンから弾丸、ロケット、ロボットや怪獣が飛び出してくるか、血が降りかかってくるような、「手に汗系」と私が呼んでいる種類だった。「新しいものが出たから行ってみよう」という感じで、Star Wars Rogue Oneも観たが、劇場を出た途端に忘れてしまうのは寅さんシリーズと同じ。製作関係者はそういう「癖で映画館に出かける」人を織り込み済みだろう。芸術性がどうした、こうしたには関心を寄せないだろう。

CGの手を借りた本当にシューリアリスティックなアニメなども家の小さいテレビより、劇場の大型スクリーンで観ると印象が全く違うのだろうと思う。Moanaの光る波、「君の名は」で見た透明な水の流れなどの美しさはCGだからこそ可能だ。最近観た、Ghost of Shell(攻殻機動隊)などもCGのテクニックで人間ロボットの融合が自然で驚いた。1982年のBlade Runnerから長い道のりを来たものだ。

後者の映画館に観客8人は、人間関係を綴ったようなものばかりだった。シャーリー・マクレーンの The Last Word(遺言) 、三日前に観たリチャード・ギアの演技が光るNormanも日曜の夕方にもかかわらず3カップルと私たちだけが貸切のようにして観た。リチャード・ギアが「素敵ね〜」と言われるような役でなく、イスラエルと政治が絡み、また、魅力的な旬の女優が出ていない(ロマンスが無い)のも観客を集められない原因だったのかもしれない。よく考えたら、これらは家のテレビでNetflixでも良かったのかも、と思えた。劇場放映はそう長くはないだろう。

前置きが長くて、やっとこの中国映画に行き着いた。すみません。このBattle of Memoriesはクリストファー・ノーランのインセプションを彷彿とさせ、記憶を意図的に消したり、戻したり、そうしたら混乱が生じて、となかなか興味深いストーリーだった。カメラワークも良かった。ただ、登場人物が交錯して分かりづらく、最後に「aha !そういう事だったのか」がないまま不満が残った。私だけの問題だったのかもしれない。連れに回答を求めたが、同じように頭を掻いていた。私と連れのアメリカ人以外の全ての若い中国人は分かったのかもしれない。

実はこの映画の前に何本も中国映画のプレビューがあった。殆どが、つまらなそうなホームドラマ的なものばかりだった。明らかにオハイオ州コロンバス近辺に住む中国人を対象にプレビューを流していた。
「こんなにも観客のいない映画や、つまらなそうなホームドラマをよく放映できるなあ、中国人以外見ないでしょうに」と思って後で調べたら、アメリカ全体にネットワークを持つAMC という映画館は中国の大企業Dallian Wandaが保有していた。連れは去年同じ映画館で、中国映画を観客3人だけで観たそう。中国ソフト文化を浸透させるという太っ腹の意図があれば、例えお客が来ないとしても別に何とも思わないだろうと、妙に納得した。何しろ製作自体がWanda Mediaであった。