本「花と龍」- 火野葦平が両親を書いた

「花と龍」火野葦平

花と龍

火野葦平 1952年〜3年

アフガニスタンで砂漠に水を引く事業の先頭に立って、アフガンの民を率いている日本人医師中村哲氏の叔父さんが火野氏であり、花と龍の主人公玉井金五郎とマンが彼のご祖父母だとは全く知らなかった。

それが、ある時、若い友達と中村医師の話をすることがあったのだが、

彼女が「私、彼のおじいさんの本、持ってます。読みませんか?」と貸してくれたのが、この本だった。

実話、つまり火野葦平は両親を書いたというのだが、あまりにロマンチックで、どこからどこまでが事実なのだろうかと思いつつも、疑うことを忘れてしまう良くできた冒険譚でもある。

日本が工業化して行く明治の終わりから昭和の時代。貧しくとも野望を持って生きた若者たちがいた。

玉井金五郎もマンも教育はなく貧しい出で、九州若松の港湾で沖中士をしていた。教育はなかったとは言え、彼らは知恵や人間として望ましい生き方の核とも云うべきものを持っていた。金五郎は一介の流れ者の労働者から生来の肝っ玉の太さ、人と素直に接する心構え、それに努力で「親分」にまで登り、労働者の側に立った「組」を発展させて行く。妻のマンは良き理解者で、一生を通じての恋人。ビジネスパートナーでもあった。

題名の龍は金五郎が賭博場で知り合った芸者に彫らせた刺青で、彼のシンボルでもある。マンはその頃の女性としては実に個性的で近代的。めかけを持つ男を認めず、めかけに腑抜けにされて仕事もまともにしなくなった「親分」に腹を立て、また、男をだめにしてしまった、そのめかけを家から追い払ったりしている。つまり、夫のマネジャーの尻をたたいて、会社の存亡がかかっている時に、愛人を追っ払って仕事をさせたような人だ、現代のコンテクストでは。

とにかく彼女は明るくて賢くて、しかも強い。

北九州一体を「仕切っていた親分」吉田磯吉は、そのまま国会議員になり睨みをきかしたようだ。

調べてみたら、山県有朋なども、暴力を嫌った玉井金五郎の宿敵であった吉田磯吉を繰っていたという。このあたりの資本家、政治家、暴力団との癒着などは読んで興味深いが、悲観的にもなる。暴力を避けて、弱いものの側に立ち、義を通して目的を遂行させようとする玉井金五郎の生き方、そのDNAは中村医師に引き継がれているのだろうと思える。

金五郎に惚れ抜き、サイコロを振る妖艶な芸者お京は「やくざ映画」になりそうだと読みながら思ったら、やっぱり沢山の映画がこの花と龍を下地に作られていた。