3. フットボール、ゲームの前に

先ず、コイントス。じゃんけんの代わりに、投げられたコインの表(heads)か裏(tails)をあてて、攻守を決める(キックオフか、リターン)。レフリーが取り仕切る。

上の写真、US Naval Academy(海軍兵学校)とUS Military Academy (陸軍士官学校)2011年の試合ではオバマ大統領がコイントスをされた。

Heads and Tails

試合時間

第1、第2クォーター各15分、ハーフタイム 第3クォーター、第4クォーター各15分の計60分(時計が動いている時間)

ハーフタイムでは、マーチングバンドやショーがあるが、テレビではその間に、解説者が口角泡を飛ばしてゴシップのような解説を延々とする。有名な学校のマーチングバンドの方が面白いのだが、それは見せてくれない。残念だ。

選手の数

各チーム11人がフィールドに入っている。選手の交代は制限がなく、一度引き下がった選手でも再度プレイできる。

ゲームの前に

さて、ルールが分からないけれど見てみようという場合、取り合えず「お気に入りチーム」を決めて欲しい。子供の学校のチーム、地元チーム、素敵なクォーターバックのいるチーム、何でも良い。しっかりと、お気に入りのチームがオフェンスで攻撃しているのか、ディフェンスなのか、それをはっきりフォローしないと、何だか出たり入ったり、ぐちゃぐちゃで訳が分からない、という結果になる。

また、一つのチームの中でオフェンス専門、ディフェンス専門、スペシャルチームとポジションが決まっているので、それを知っておく必要もある。

  • 野球で攻撃側が3アウトとなると攻守が交代するように、フットボールではプレイ(ダウン)を4回やるうちに10ヤード進めないと攻撃権が相手チームに移る。それが基本だ。
  • 10ヤード進めたらfirst down(ファーストダウン)となって、その地点から新たに4回のプレイとなる。それを繰り返しながら相手のエンドゾーンに向けて、得点のできるタッチダウンやフィールドゴールを目指して進む。守備側はそうはさせまいと猛獣のような選手を並ばせて阻もうとする、そういう陣地獲得合戦だ。