4.フットボール、ゲームの流れ

ゲームの流れ

  • キックオフ - ゲームのスタートはキックオフ。キッカーが自分の陣地からキックしたボールをレシーバー側のキックオフリターナーが受けて、少しでも攻撃に有利になるようキックオフ側から止められるまで前進。止められた、その地点からリターン側の攻撃が開始される。

開始の位置がはっきりすると、ボールを真ん中にオフェンスのライン(たいていは相撲力士のよう。そして、そういう動きをする)と、ディフェンスラインが並ぶ。オフェンスのセンターがボールを取って(snap)、攻撃の司令塔クォーターバックに股の下からパスする。そこから、エンドゾーンまでの長いぶつかり合いが始まる。先ずは、10ヤードを目指して。

SONY DSC

テレビの画面に2nd & 8 のように表示されるが、これは2回目のダウンであり、2回,3回,4回のプレイであと8ヤード進まないと攻撃権が移るという意味。上の写真に小さく3の数字が掲げられているが、これは高校生の試合で、3回目のダウンがこれから始まるところ。

相撲の立ち合いのように見えるが、ボールがクォーターバックに渡った後、一瞬で、どのように攻守のラインが動くか、相撲と同じ。焦り狂って動くとペナルティーになり、5ヤード失うことになる。

  • 得点 - タッチダウン 6点 エキストラポイント 1点 または、2点

パスされたボールを相手のエンドゾーン内でキャッチするか、ボールを持って入ればタッチダウンとなる。通常はオフェンス側が順当にヤードを稼いでエンドゾーンに到達するのだが、

クォーターバックからのパスをディフェンスが上手く分け入ってキャッチし(intercept)、そのままオフェンス側のエンドゾーンに走りこむ場合。これはスタジアムが沸き立つ。また、オフェンス選手が取りこぼしたボール(fumble)をディフェンス選手がキャッチして、エンドゾーンに入っても同じくディフェンス側のタッチダウンとなる。

タッチダウンの後、エンドライン直前からフィールドゴールに成功すれば1点。 プレイをしてタッチダウンできれば2点が入る。通常は無難なフィールドゴールを選ぶことが多い。

フィールドゴール 3点

3回のダウンで10ヤード進めなかったが、エンドゾーンが近くで、無難に点数を入れたい場合は最後の地点からフィールドゴールを狙う。入れば3点。

  • ペナルティーは危ない事をする、早まってスタートする等、その度に5ヤードか15ヤードを失うのだが、細かいペナルティーはゲームを楽しみながら、「どうして、何があったの?」と誰かに聞きながら覚えていけば良いと思う。