Austin, Texas – 「Street」 という名前の日本食レストラン

Streetに飾られている着物

「オースティンで一番美味しい和食レストランはどこですか?」と1990年にこの街に引っ越してきて以来、何度も聞かれた。答えるのは難しい。初めは、あーだ、こーだ言うほどレストランがなかった。 それが、最近はショッピングセンター毎に、寿司バーがあり、ラーメン屋さんなどもできて、「オースティンで一番美味しい和食レストラン」を探そうとしたら、毎週3、4回は食べ比べしないといけないほど増えたため、「私の好きなレストランは、、、」と答えている。

当初は「武蔵野」と答えていた。日本人板さんもいて、テキサスで有名な高級「日本食レストラン」UCHIを展開するTyson Coleが修行した場所として知られている。

「しょうゆのつけ方が悪い」とか、「割り箸をそうやって割るな!」とお客さんに講釈した気難し気な職人肌の板さんもいた。

ずっと行かずに遠ざかっていたのだが、久しぶりに訪れたら、Streetという看板がかかっていた。が、日本食レストランだった。

「まあ、いいか」と同行者とドアを開けると、店内のレイアウトはすっかり変わっていて、中央でヒスパニック系のシェフ二人が黒いユニフォームと黒い帽子できびきびと働いていた。気難し気な板さんは最早いなかった。それだけでなく、お客さんも白人ばかりで、アジア人は私一人。

最近低糖食にしていることもあり、焼酎をメニューに見つけて試そうとすると置いていなかった。獅子唐は「ほらよっ!」と丼一杯に入れずに、串に刺して、しいたけも、鰻も串に刺して焼いていた。酢の物には大葉が飾られていた。シェフはきっと、武蔵野で長いこと働いて、店を持ったか、任されているのかもしれない。味はまずまずだった。これ、何だろう?と思えるタレに浸かったハマチには赤っぽいハラペーニョの輪切りが乗せられていた。和食もローカルの味に変わってきているのだろう、あの、みっちりと具の詰まった、マヨネーズのかかった太巻きのように。

サバの握りを頼むと、「ごめんなさ〜い、サバはないけど、シマアジはどうですか?」と提案したウェイトレスはどうも日本人らしく条件反射のように「はい」と応えてしまうのだが、初めから終わりまで英語だけで通した。