Austin, Texas – 忙しいけれど焦らない。イライラしない。

Oak Hill Post Office from Wikimedia Common

「それで、僕は78年(1978年)に卒業したんだけどさあ」とのんびりとお客と会話をする白髪の郵便局職員。一年で今が一番忙しい時期だ。会話をしながらお客さんが持ち込んだ山のようなパッケージを次から次に処理している。会話の相手の女性は笑って聞いている。

列は長い。皆静かに待っている。私は待つことを予想して本を持ってきていた。番が回ってくると、

「辛抱強く待ってくれてありがとう」と言った。

「お待たせして申し訳ありません」ではない。

「これの中身は本、こっちは中国行きの本」とカウンターに次々に幾つかの封筒を乗せると

「と、も、こ。日本人だよね」

「よく分かったわね〜 とみ子が多いんだけど、時にはトマトって言われることもあるのよ」と言うと、

「アメリカ人は何も知らないからなあ。僕は俳優のTakashi Shimura (志村喬)が好きなんだよ。音で何となく日本語かどうか分かるんだ」

彼はクロサワ映画の「七人の侍」より何より「生きる」が好きで、見るたびに泣くという。ゴジラの話にもなった。そんな会話を6、7分、郵便物を計量したり、郵送料を説明したり、スタンプを貼りながら話した。全てが終わると” Have a good afternoon!”と言って別れた。長い人の列に焦ることもなく、淡々としてお客の相手をしている。イライラした顔の人もいないが、ことによると、黙りつつもYelpのようなソーシャルメディアで低い星をつける人がいなくもない。まあ、いないだろうな。そういう場所だ。