Vegetarian eggs (ベジタリアン卵) って何?

「私はベジタリアンです」と言われたら、無理してBBQをすすめずに、

「じゃ、ポテトサラダでもどうですか?」とボールを差し出すと、マヨネーズが入っているからか、

「卵も食べない strict vegetarian (或いは vegan )です」と言われる。

「じゃ、豆とコールスローをどーぞ」

それは、人が肉類を様々な理由で食べないと自分で決めたものだ。ところが、最近スーパーでお目にかかるVegetarian eggsとは、どういう卵なのだろう? ニワトリが

Vegetarian eggs

「私は共食いになるような肉類、たんぱく質を食べないことにしたので、穀類だけ食べます(野菜はどうなっているのか不明)」と言って産んだ卵なのか。

そうではなく、卵を産ませるためにニワトリをケージに入れて飼っている人間が勝手に(他動的に)

「お前たちは今日からベジタリアンだから、そのつもりで与えられた餌を食って卵を産めよ。ベジタリアンの人間にアピールするようにするからな。俺って頭いいだろう?」と言ったものだろう。

ケージでずっと暮らしてきたニワトリはそれが良いかどうかの判断がくだせない。自由に大地を走り回り、地中にいる虫を食べて、その辺の草を食べているのは先祖のニワトリだと教えられている。でも、そういうハッピーな先祖的ニワトリも存在していて、それが産んだ卵は牛の放し飼いを思わせる牧草地、牧草という言葉を使って

Pasture Raised と書かれている。

Pasture Raised Eggs

ハッピーなニワトリが産んだ卵は味も良い筈と幸福価値が織り込まれたためか、値段は高い。どう考えても完全放し飼いはありえないだろう。写真のイメージをつけてフェンスに囲まれた草地で放し飼いをしていますとアピールしている生産者もいる。

Free Range と呼ばれるらしい。

Free-Range Eggs

 

Free-Range だけでなく、消費者が心配する NON-GMO (遺伝子組み換え食品ではありません)の証明も取った。しかし、オーガニックという言葉は見えない。

逆に、ぐだぐだとニワトリのライフスタイルを説明せずに、Organic だけを唱っているケース。アメリカ人は大きいものが好きなので、オーガニックでも「特大」と卵のサイズの方を強調している。

Organic Eggs – Extra Large

茶色い卵が白より高級感があるのかもしれない。この卵はCage Freeと書かれている。ケージに閉じ込めないなら Free -Rangeと言ってもよさそうだが、そうは言わない。このあたり、何となく曖昧だが、暗黙のルールのようなものがあるのかもしれない。

Cage Free Large Eggs

この他にも「ただ同然の値段」の卵も売っていて、値段は1ダース 約$1〜$7。何が違うんだろう?と迷う。安くて、安全、質の良いものを多くの選択肢の中から選ぶのは難儀だ。

このあと、新しくファミリードクターを選んだが、インターネットでいろいろサーチしていると、ぐずぐずと人々の評価などを読んで決められなかった。卵1ダースを決めるより重要だし。何事につけ、選んで決めるのは疲れる。