Austin, Texas – オースティン日本コミュニティー ( AJC )、アスレチックトレーナーの講演

アマゾン第2本社の候補地や音楽、映画、インタラクティブの祭典SXSWでオースティンが有名になるに連れて、日本人が劇的に増えた。引っ越しを予定している人が私たちのオースティン日本コミュニティー(Austin Japan Community) に問い合わせをしてくるケースが増えている。

私たちは常にウェルカムの姿勢を持っている。「引っ越してきたら是非、顔を出してくださいね、テキサス大学の教授を核に、特別の技能者や知識を持った方に講演をしてもらったり、月に一回食事会を開いて親睦を図っています。また、市の美化活動のボランテイアをしているので参加してください」とお勧めしている。

昨日はテキサスレンジャーズなどでインターンをして技術を磨いたアスレチックトレーナーの佐川さんの講演があった。実演つきでいかにスポーツ時の怪我を防ぐかについて話された。

お金はかけずにがモットーなので、こんな時にはお弁当をオースティンの日本食レストランに頼んで、現金を集めて、払う。

お弁当もレストランでの食事会もニコニコ現金を集めて払う。そういう単純なやり方をしている。親睦会が基本だから。ところが

「ちょっと、あんたたち、集めたお金をくすねているんじゃないの?」などと言う人がいるんですね。驚くことに。15ドルや25ドルのお金を集めて、代金を支払ったら、ネコババしようにも、できないのが猫にも分かるはずだが、人間の集まるところ、「嫌味や一言申したい人」がいる。自分が疑われるような事をしているから、他の人をつい疑うのではないかと想像してしまうのだが、いずれにしてもせこい。

私が手伝って、お弁当の手配をした時には、お茶じゃなくて水だったのだから1ドルくらいは安くなるだろうと言われて唖然。年取ると「朝ごはんを食べてない、嫁が財布からお金を盗んだ」などとあらぬ疑いをかけたりするそうだから、よく知られている人もそれに近いのだと思われる。哀れだから誰も何も言わないが困ったことである。思い出した、前にもそういうことがあった

困ったものだが、時間の問題だと思っている。