Category Archives: Book Reviews

Posts about our affiliate’s books.

本「人生がときめく片付けの魔法」近藤麻理恵

近藤麻理恵
人生がときめく片付けの魔法

 

「片付け道」教本2冊。

「捨てる」「捨てる」そして 「捨てる」。キーワードは「ときめき」。

アメリカのベビーブーマーがダウンサイジングをする時期にきて、自分の持ち物を子供に譲り渡すつもりでいたのに、子供にはその気がなくて落胆する親が多いという記事を読んで、この本を思い出した。

世界各国で好評らしいので、バッサバッサと捨てられたモノがゴミと化して世界各地のゴミ捨て場が満杯になったか、なるのではないか。

退場させたモノの行く先、その末路、或いは経済的影響までは心配せず、ひたすら、「あなたの今いる場」をときめく場に変化させましょうに徹している。

デパートの売り上げが落ち続けているのも、この本を読んで片付けた後には「ジャンク」を買いたくはないし、少ないモノですっきり暮らしていけることに気付いて、それが好きと分かってしまった人が増えたからかもしれない。お土産、可愛い小物売りやさんなども困っているかもしれない。

私はこの本を読まずに「捨てる」を実践した。4年前、2階建て4寝室3浴室1シャワー・トイレの家から2寝室2浴室のアパートに引っ越した。その時は、「この洋服、この鍋、本は触ってトキメクかしら」などと言っている余裕はなく、兎に角期日までに所有物を3分の1までに減らす必要があった。ドラスティックなダウンサイジングであった。

但し「捨てる」ことはせずに中古品として売り出す、人にあげる、又は寄付をしたものが多かった。彼女が薦めるような縫いぐるみの「目を隠す」こともなく、袋に塩を入れて、ありがとうと言いながら捨てることもなかった。誰か次の人が使ってくれるだろう、と気が楽だった。

その過程で無感情に片付けて、モノを減らしたと言いながら、やっぱりこんまりさんが何度も話している「自分にとって本当に必要なモノ」かどうかを選別したと思う。

彼女は触ってときめくモノかどうかを捨てるか残すかの判断基準にしている。そして、片付けの終わったときめく生活空間で自分がやるべきことに情熱を捧げなさい、片付けは究極のゴールではありませんと唱えている。

これを聞くターゲットは一人暮らしの独身女性か、ライフスタイルの雑誌を愛読するような人で、子供がサーッカーの練習から帰って砂の混じった泥々の靴を脱ぎ散らかしたり、ストレスが激しく部屋いっぱいにモノを散らかしている女子高生がいるような人ではないだろう。オトーさんの臭い靴下や下着などもあまり片付けについては考えたくないかもしれない。モノの少ない、整理整頓された部屋に置かれた赤ん坊は、涎を垂らしながら「引っ張り出して、うるさい音を立てて散らかす」体験をあまりできずに育つかもしれない。どうだろうか?

捨てられない(選択をできない)理由に「過去に対する執着」「未来に対する不安」を上げている。同感する。更に言えば、人に対してどのくらい気を許すことができるかにも繋がってくる。育った環境が関係して、自己防御をしながら生きてきた人の心を変えるのは大変なことだ。それを、こんまり流片付け術で変えられるのなら、精神修養のリーダーと言える。彼女は片付けに情熱を注ぎ小さい時から打ち込んできた。それは天職とも言え、人をそれに依って惹きつけているので、茶道や花道と並ぶ「片付け道」のマスターとも言える。現在を重視するのは、一期一会など同じ考え方だろう。

パンツやストッキングの畳み方などをきちっと教えようとするのは、お茶室の入り方、右足を後ろに引いて何歩で畳の縁をまたげと細かく教えるのと同じだ。彼女の理論を説明したのが「人生がときめく片付けの魔法」。ピタリと決まる正しいたたみかたなどを図解したのが「イラストでときめく片付けの魔法」

そのうちに、Karate, Judo, Sushiなどのように、Katazkeyなどという言葉が世界語になるかもしれない。

 

 

 

本「続 直観でわかる数学」ー 数学の根源である算数を分かるために

「続 直観でわかる数学」畑村洋太郎 2005年岩波書店

物忘れや認知症の心配をしてもおかしくない年になって、数学の本を読んだ。「直観でわかる」であって、「直感でわかる」ではない。この本を読めば魔法の力が宿るようになって、考えなくても直ぐに数学の問題が解けるようになる、と期待して読むとがっかりする。そういう本ではないからだ。

直観数学続編である本書は小学校の算数について書かれている。今更やり直しても仕方ないと思うかもしれないが、数学を苦手としていた 物覚えの悪い私が「わかんない〜」とつまづいた、先生も親も誰も教えてくれなかったことを、

「わかんないことがあってもいいの。それはこんな風に考えればいいんだよ」

と考え方のプロセスを教えてくれる。しつこいくらいに「わかる」ためのプロセスを説明する。

考えると共に試行と失敗の繰り返しを経て「わかる」という筋道が立てられるようになることの重要性を説いている。そうすることで、途中のプロセスを飛ばして問題を見た途端に本質が分かるにようになるのだと。それが直観だとも説明している。

私たちは分数の割り算では、分母と分子をひっくり返しにして掛け算をすれば答えは出ると機械的に問題を解く方法を憶えさせられた。その意味をわかろうとはしなかったし、誰も説明を求めなかった。もしかしたら先生も上手く説明できなかったかもしれない。ずっと分からぬまま。それを(くどくどと)説明してくれる。また、数字に対して愛着があるようで、その言い方がおかしい。

随所に現れる「蛇足」が楽しい。その中には、

「…… まちがっても血液占いのような迷信的なものと結びつけはいけない。血液型占いは日本の中でも最低の文化である」とバッサリと言い切っているものもある。

最後に暗記をすることは悪いことではなく、9x9の掛け算より、29x29段までの掛け算を覚えていれば、もっと役立つし、語呂合わせの公式や数字も前進するために有効であると断言している。というわけで、親が

「先生の話をよく聞いて憶えることはきちっと憶えなさい」

と子供に言うのは正しいとも言える。

子供の時によく分からないままでいた鶴亀算をやってみたら、順々にやった4回目の計算で解けた。そして、方程式を使ったら機械的にすぐに解けた。

 

 

 

本「ズームーデイズ」井上荒野

「ズームーデイズ」井上荒野 小学館文庫2008年

「ズームーデイズ」井上荒野 小学館文庫2008年

正直つまんない小説だと思った。本屋で立ち読みができれば買わない本のうちに入る。が、たまたま手に入った日本語の本なので初めから終わりまでイライラしながら読んだ。

ストーリーがあってないような、30女の決められない生活をずるずると書き連らねたものだった。過去に文豪などと呼ばれた人々が自分の「愛の生活」をあーだ、こうだと悶々としながら、自分を天井の上から眺めて書いたモノが認められ、一つのジャンルとなって暴露的に自分の自堕落な生活ぶりを披露した。それを2000年代(2008年文庫本発行)に女性がやると、このような形態になるのか。

明治時代の男性作家が年上女性と同棲して、同時に夫と子供のいる女性と恋仲になっていて、心はその女にある。仕事が入ってこないので、実家に年上同棲女生と一緒に転がりこんで、その顛末を書いたとしたら随分騒がれたかもしれない。

そのミラーイメージで、大して売れない、有名な作家を父親に持つ女性作家が年下男性と同棲しつつ、妻子ある「愛している男性」に、いいように扱われていて、それを暴露小説に仕立てても誰も驚かなくなってしまった。それが、現代の日本なのだろう。

「決められない」自分に重ね合わせて親近感を持ちながら読む人も大勢いるかもしれない。そういう読者と一緒に、決められなくても、仕事がイマイチでも、結婚できなくても延々としぶとく生き延びていくとしたら、そういう読者も大いに共感するだろう。しかし、最後に主人公は年下男性と(仲良しのまま)別れ、都合よく妻子ある愛人より、もっと素晴らしい男が現れ恋をして結婚した。長編小説も書いた。

「こういう事が突然起きるから、読者のあなたも安心してね」というメッセージか。

前に書いたものが良い評価を得ず、大したことも起きなかったのに、「もののはずみ」のような依頼が出版社から来て、それが2冊目の単行本になり、次の依頼も来たと本の中で主人公に言わせているのは、筆者の実体験なのだろう。

有名な作家の子供に書かせた本、というだけでマーケッタビリティーがあるのかもしれない。吉本ばなな、江國香織と言った二世作家はどこか現実離れした、生活の臭いのしない女の子(人)が主人公になることが多い。自分が主体となって、ひっちゃきになっていない。何が起きても「関係ないわ、そんなこと」と、現実と距離を置いて生きていける。生々しく生きるために稼いだりしなくとも済む、そこのところが受けるのかもしれない。