Category Archives: Life

昨日はバレンタインデー。Tinder と幕末時代のお見合い

Tinder, Match.com

バレンタインデーの昨日、ラジオを聞いていたら「人はこの頃どうやって知り合ってデートするの?」という話をしていて、その中で、ある社会学者が、

『「Tinder」「Match.com」などのソーシャルネットワーキングで知り合うという人が多い』と言った。本当かしら。実際にやったことがないから分からないのだが、出てきたデートの候補者を見て「右にスワイプしたら、その人は「イイね」左にスワイプしたら「パス。やだ」になって、両者が「イイね」になったら次に進む、くらいは聞いたことがある。

実の姿を見せずにカッコイイ誰かのプロファイル写真を使ったり、嘘を言う事はないのかという疑問はともかく、その社会学者は続けて、

「女性が結婚しない、また、結婚を遅らせるのは結婚しなくても自分で生きていけるようになったからだ。前は、父親か伴侶に養ってもらうしかなかった。が、さて、結婚してもいいかと思った時にはなかなかピッタリする人に会えない。そういう時にデータ中心のソーシャルネットワーキングが役立つのだ」と。

映画やおとぎ話のように都合よく王子様が村に現れてくれない。であれば、「犬と散歩をするのが好き」「ビールよりワインが好き」とか、趣味などが一致した人の中から探し出した方が時間を無駄にしないというわけだ。

「所詮、デートは自分に合うかどうかのデータ収集期間なのだ」とも言った。なるほど。

そうして知り合って実際に結婚した人がどのくらいいるのか、別れずに一緒に暮らしている年数や率はどのくらいか、などの数字を追って欲しいものだ。

婦人世界「幕末時代の見合い」

その反対に明治44年(1911年)の雑誌に、「幕末時代の見合い」という記事が載っていた。この記事によれば、「あそこの家に年頃の娘さんがいる」という有用な情報を収集し、交換してくれたのは出入りの呉服屋さんや魚さんだと言う。

婦人世界 明治44年月24日号

婦人世界記事

 

 

 

 

 

 

 

 

「もう、うちの娘ったら全くその気がなくて、良い方があったら紹介してくださいませ」と世話好きのオバサンに頼むのはずっと後のことなのだろうか。私はその昔、お見合いをして相手から断られた経験があるのだが、今なら「パス」と言って左にスワイプされてしまったわけだ。

もう、20年前くらいの話だが、ある若いインド人の知り合いが

「夏休みに家に帰って花嫁を連れてくる。相手は誰か知らないが親が探してくれて楽しみにしている」と言った。幕末のお見合いに似ている。親が探して決めてくれたのなら信頼して一緒に暮らしていくだけの話でロマンスもへちまも期待しない。そこが出発地点だ。そういうやり方もあるのだ。


When I get older, losing my hair many years from now, will you still be sending me a valentine, birthday greetings, bottle of wine?

 

Vegetarian eggs (ベジタリアン卵) って何?

「私はベジタリアンです」と言われたら、無理してBBQをすすめずに、

「じゃ、ポテトサラダでもどうですか?」とボールを差し出すと、マヨネーズが入っているからか、

「卵も食べない strict vegetarian (或いは vegan )です」と言われる。

「じゃ、豆とコールスローをどーぞ」

それは、人が肉類を様々な理由で食べないと自分で決めたものだ。ところが、最近スーパーでお目にかかるVegetarian eggsとは、どういう卵なのだろう? ニワトリが

Vegetarian eggs

「私は共食いになるような肉類、たんぱく質を食べないことにしたので、穀類だけ食べます(野菜はどうなっているのか不明)」と言って産んだ卵なのか。

そうではなく、卵を産ませるためにニワトリをケージに入れて飼っている人間が勝手に(他動的に)

「お前たちは今日からベジタリアンだから、そのつもりで与えられた餌を食って卵を産めよ。ベジタリアンの人間にアピールするようにするからな。俺って頭いいだろう?」と言ったものだろう。

ケージでずっと暮らしてきたニワトリはそれが良いかどうかの判断がくだせない。自由に大地を走り回り、地中にいる虫を食べて、その辺の草を食べているのは先祖のニワトリだと教えられている。でも、そういうハッピーな先祖的ニワトリも存在していて、それが産んだ卵は牛の放し飼いを思わせる牧草地、牧草という言葉を使って

Pasture Raised と書かれている。

Pasture Raised Eggs

ハッピーなニワトリが産んだ卵は味も良い筈と幸福価値が織り込まれたためか、値段は高い。どう考えても完全放し飼いはありえないだろう。写真のイメージをつけてフェンスに囲まれた草地で放し飼いをしていますとアピールしている生産者もいる。

Free Range と呼ばれるらしい。

Free-Range Eggs

 

Free-Range だけでなく、消費者が心配する NON-GMO (遺伝子組み換え食品ではありません)の証明も取った。しかし、オーガニックという言葉は見えない。

逆に、ぐだぐだとニワトリのライフスタイルを説明せずに、Organic だけを唱っているケース。アメリカ人は大きいものが好きなので、オーガニックでも「特大」と卵のサイズの方を強調している。

Organic Eggs – Extra Large

茶色い卵が白より高級感があるのかもしれない。この卵はCage Freeと書かれている。ケージに閉じ込めないなら Free -Rangeと言ってもよさそうだが、そうは言わない。このあたり、何となく曖昧だが、暗黙のルールのようなものがあるのかもしれない。

Cage Free Large Eggs

この他にも「ただ同然の値段」の卵も売っていて、値段は1ダース 約$1〜$7。何が違うんだろう?と迷う。安くて、安全、質の良いものを多くの選択肢の中から選ぶのは難儀だ。

このあと、新しくファミリードクターを選んだが、インターネットでいろいろサーチしていると、ぐずぐずと人々の評価などを読んで決められなかった。卵1ダースを決めるより重要だし。何事につけ、選んで決めるのは疲れる。