2.フィールド、戦場

前に訪れたWashington Redskinsのスタジアムの座席表

真ん中の小さな緑の細長い部分が実際にゲームが行われるフィールド。戦場。

値段の高い座席はサイド中央部。中学、高校の試合でもない限り普通の人がフィールド近くに座るのは難しくて、眩暈がするような山頂の席から谷底を見下ろすように観戦する。

フィールドの大きさ:

縦 120ヤード(360 feet)x 横 53 1/3ヤード( 160 feet)

凡そ 縦100mx横50m

中央の50の数字のラインをセンターラインと呼ぶ。

センターラインから50ヤード離れた線がエンドライン。この図で行くと黄色の部分をエンドゾーンと呼び、ゴールポストはこのゾーンの奥に立っている。このゾーンで得点にかかわるアクションのタッチダウンとフィールドゴールとが起こる。

控えの選手、コーチ、その他もろもろの関係者は横のサイドラインにいる。

地元テキサス大学のRoyal Memorial Stadium での開会式風景

1.フットボールは何故あの形なのか

大人が使うフットボールの大きさはとんがったポイントからポイントまでの長さが11インチ(28cm)胴回りは22インチ(56cm)。持って走る事が意図されていないバスケットボールの円周は約30インチ(75~5cm)、随分の違いがある。

この弾丸のような形のボールは遠くに投げるのに適しているが、投げられたボールを上手くキャッチするのが大変なため、キャッチするだけで歓声が上り、取りこぼしたり、それがあらぬ方向に転がったりするとフィールドは観客のため息で満たされる。このボールの形が意外な展開を見せるのに一役買っているのは下手くそなチーム同士が対戦する中学生のゲームもプロのゲームも同じ。

英国やスコットランドでは、ゴムボールが存在する以前は豚の膀胱を膨らまして鹿皮などで包んでボールを作ったらしいのだが、形が次第に変わって、その過程でラグビーやアメリカンフットボールの尖がりボールになったらしい。

本 The Treatment Trap – アメリカ医療のネガティブな一面

 

The Treatment Trap

The treatment Trap

Rosemary Gibson,
Janardan Prasad Singh

2010年

私たちはお医者さんに

「あなたはガンです。抗がん剤で治療をしましょう」或いは

「あなたのお父さんは心臓病でバイパス手術が必要です」

「子宮の腫瘍が悪性です。子宮を切り取ってしまいましょう」

と言われた時に

「ちょっと待ってください。第二、第三、第四の意見を聞きますので、直ぐには決めません。それと、治療によって起きうるマイナスの面、治療をした場合の延命率、QOL(生活の質)向上のデータを知りたい。その病院、執刀する医師のデータはあるのか、失敗する確率はどのくらいか。医学の学会誌に掲載されたような記事はあるのか」

などとお医者さんに聞けるだろうか。恐らく聞けずに、家に帰ってインターネットでサーチして有象無象の記事を読み、友達や親戚に意見を求めたりするのではないだろうか。そして、多くの場合、はっきりした結論は出せなくて、何もしないより、何かしたほうが良いだろうという結論に立ってお医者さんにお任せすることが多いのではないだろうか。

この本は中途半端なその態度は良くないと言っている。それを直して、とことん調査をして自分が主体となって決定しない限り、不必要な治療は止まらないと。そして、日本やヨーロッパの事情がどうかは分からないが、アメリカの「グリーンモンスター(お金)」に駆られた行き過ぎた治療に警鐘を鳴らしている。

不必要な治療により命を落としたケース、多大な医療費の浪費、政治とウォールストリートと結びついた利益重視の病院経営など、その事例が延々と語られていて、溜息をつきながら読むことになる。警鐘の本なので、患者が助けられた明るい話はない。

アメリカの五大湖沿岸の都市を旅行した時に、嘗ては隆盛を極めたであろう寂れた中心部にピカピカの大学と異様な規模の巨大病院を見た。一体、どのくらいの数の病人がここの施設に収容されているのだろうか。仮に人々がどういう方法かで健康になってしまったら、あの施設はゴーストタウンと化すわけで、常に一定数の患者(お客さん)が必要なのだろうと想像した。それにアメリカでは、多くの医者が多額の教育ローンを返済しなければならないこと。また、裁判沙汰になるような医療ミスを防ぐために、過剰と思われる治療が施されることもあるだろう。医療分野に群がって蜜を吸おうとする人々がいる限り容易に解決できる問題でもないだろう。

特に目新しい事は書かれていないが、医療費でつぶされて崩壊する前に、この自分の不確かな命と体をどう扱うのかを考えなくてはいけないと思った。

日本語翻訳が「治療のわな」という題で出されていた。