Austin, Texas – 消えたカリフォルニア・ドリーム

招待されずに人のうちにご飯を食べに行くのはかなり珍しいことではないだろうか。昨夜はそういう人が現れた。

最も、その人は抜き打ちで我が家の食事時間に現れたわけではなく、

“If I am inviting myself to dinner…”と前置きして、自分で作っているチョコレートを味見してもらいたいから、私たちの都合の良い日を知らせて欲しいとメールをしてきた。日時を夫が知らせると、「開発中チョコレート」を持参して彼女はやってきた。

食事前にいきなりチョコレートを味見することはしないので、ワインを片手におつまみを食べ始めてお互いの家族の近況を軽く話した後、どこからかそうなったのか、彼女はいつもの口癖のような自分が受けたカリフォルニアの教育がどんなに素晴らしいか(夢のようなカリフォルニア話)を話し始めた。

頭の良い自分の子供がアイビーリーグなどの一流大学に進めなかったのは自分が受けた教育システムがテキサスにはないからだと信じて疑わない。彼女が夢見たアイビーリーグやスタンフォードではなく、州内のローカル大学に進んだ子供にしたって、本当に「頭が良ければ」最終的には何とかなるだろうと、私は思う。彼女は、自分が育った過去の良き日から抜け出すことができないのだろう。

続けて「コスモポリタンのカリフォルニアの文化云々」と言うので、私がいつものように、それに異議を唱える展開になった。

今回は特に11月にサンフランシスコ近郊に住む友人から「この辺りの人は、(全体的に裕福)小さなバブルの中で暮らしていて、同じような種類の人たちと、同じような話をして他の信条を持つような人と接点を持つことはないだろう」と聞いていた。第一、交通渋滞が酷くて外に出かけて行くのも億劫だろう。

日曜日の朝早くはそれほど渋滞していなかったBerkeley, CA.

「そうね、この前、(カリフォルニア、ベイエリア)で何十年ぶりかの高校の同窓会に行って、違う考えを持つようになったわ」

こういう事だった。

「『君は変わっていないね』と私に言う高校時代の皆の憧れトムが、すっかり塩垂れて見る影がないのには驚いた。美人だった〇〇さんも太っちゃって違う人みたい。そういう人ばっかり。一体、みんなどうしたの?今まで何をやってきたの?って思わず聞きそうになった。私もあそこから動かずに、あのまま暮らしていたら、今頃は、あんな風になっていたのかしら?」

その後、砂糖をカットしたチョコレートを試して、これを実際に売り出すにはどうしたら良いか、などを延々と話した。夫が

「明日、会社があるからもう寝なくちゃいけない」

と言うと、持ってきたものを袋に詰め込んで、元気に帰って行った。12時を過ぎていた。次には自分でデザインしたチョコレートの箱を持って現れるに違いない。同じモノでも違ったマーケットには違ったパッケージングで売り出せば良いというアイディアが出たから。過去の夢が同窓会で弾けて、この先、迷わずに進んで行くことだろう。

カリフォルニアの良いところは海が見えること。

ことば - 101歳の男の人の言葉

「男が良い出会いをするには他人とご飯をたべなくちゃダメ。

コーヒーを一緒に飲むぐらいでは、男の付き合いはできません。

他人と飯を食うことで、男は成長し、知恵を得るんです」

ふ~ん、男を女と置き換えたらどうなんだろう?

 

映画 Westworld (ウエストワールド) 新旧を一挙に観る

Westworld 2016年

 

https://www.amazon.com/Westworld-Yul-Brynner/dp/B000LJ9ZWE/ref=sr_1_3?s=movies-tv&ie=UTF8&qid=1515442271&sr=1-3&keywords=westworld

2016年 監督 Jonathan Nolan & Lisa Joy他

1973年 監督 Michael Chrichton

2016年に放映された新しい Westworld (ウエストワールド)は物凄い制作費をかけた興味深いテレビドラマと聞いたが、暴力性が高いとも聞いて敢えて観ようとはしなかった。ところが、

「Game of Thrones の暴力性とはちょっと異なる。大丈夫だよ、これを言ってしまうとストーリーを明かすようだけど、殺されるのはロボットばかりだから」と、3枚組のDVDをプレゼントしてくれた人が言った。 それなら安心して観られると判断した私はこのストーリーに現れる旅行者のようだ。何が起きても所詮相手はロボットだと。

舞台は無法のアメリカ西部開拓時代のテーマパーク。が、お子様連れの家族を楽しませてくれるディズニーランドとは違い人間の持つ悪の欲望さえも開放して満たしてくれるのがDelos社のバケーションのスタイルだ。ならず者のコスプレで西部にフラリ現れると、早速ちょっとした事で諍いに巻き込まれ、殴り合い、銃撃戦が起こるが、お客さんは絶対に殺されない。

死ぬのは人間と見分けがつかないような精巧なロボット(ホスト)だけ。そのようにプログラムされている。死を賭けたような状況(前もって予定された筋書き)で戦ううちに、その人の本性が表れたり、変化していったりする。

そのバケーション参加費用は法外と言えるかも知れないが、人間と変わらないロボットを作り、そのロボットがどのような行動を取るかを常時コントロールし、時として精神問題を抱えたロボットを回収して、セラピー(!)を与え、ゲストに殺されたホストに医療を施すこと(修理)を考えると、安い費用でではできないことが作り物の映画のストーリーとは別に想像がつく。事実、映画の中でも、Delosの株主理事会と、薄気味悪い天才的創始者のフォード博士(アンソニー・ホプキンス)との間に利益と技術・芸術性を巡る対立があることがわかる。

私たちの中にはロボットが人間を打ち負かすほど発達して、人間を繰るようになるかもしれない、繰るばかりでなく攻撃してくるかもしれないという不安がある。 楽天的なAI開発者はもうすぐ人間に協力的な「性格の良いヒューマノイドロボット」ができる可能性があると話すが、一般人は「あいつら(開発者たち)何やるか分かったもんじゃない。でも、人間のようにはどんなに頑張ってもなれないだろう、どーだ」と強く思う。しかし、一方、毎日夜10時半に寝て、翌朝7時に目が覚めて水を飲み、ストレッチ運動して、8時半にコーヒーを飲み、大きな喜びも悲しみもないまま日を送るパターンとなれば、ループ化された日常を送る(送らさせる)ロボットとさほど変わらない。

それでは人間の脳とロボットの電脳と何が違うのだろうかなどと、考えてみる。

人の脳は感情、意識など、個人的で数値化しにくいデータでも瞬時にスクリーンして嫌いなものは見ない、覚えない、例え覚えたとしても意識的に忘れるか、薄くしてしまえる自主性を持たされている(神によって?)。いくら頑張っても重要な情報をストアーできないで困り果てたりもする。これに反してロボットに搭載されている電脳は、デザインした人が変人・奇人なら、その性癖が反映されるだろうし、プログラミングを変えてもらわないと、そのループを繰り返すことになる。人間に近い感情を持たされた性能の良いロボットほど混乱が生じるのではないだろうか。

1973年のWestworldは西部開拓時代、古代ローマ、中世ヨーロッパのテーマパークでお仕事をさせられて、殺されるばっかりで(嫌気のさした?)エラーが出たロボットが人間を襲うという画期的なテーマだった。たったの90分程度の長さの中で、Delosでのバケーション内容、コンピューターの脆弱性、ロボットの反逆などがシンプルに語られる。

自然体でも異様な風貌のユルブリンナーがお客さんを執拗に追いかけて殺そうとするロボットに扮している。延々と続くサスペンスシーン。あれ、どこかで見たぞ。その後10年くらいしてから、Hasta la vista!

と言って一大センセーションを引き起こしたシュワルツネッガーとそっくりだ。ターミネーターは、このアイディアを拝借したかとも思える。

いずれにしろ2016年のWestworldhは、1973年の古いストーリーのパイ皮を薄く伸ばして、折って、畳んでロボットの感情を折り込んで、何層にもしたものだ。ヒューマノイドロボットのメロドラマのようになり、この先、何シーズンも続くことだろう。

登場人物、ロボットの関係がよく分からずに45分、10エピソーをを見終えたが、最後のエピソードは広げた風呂敷を時間がきたからと、慌てて畳んだ感があった。演技陣はさすがだが、今の私の目はコンピューターグラフィックにすっかり慣れっこになっていたことが分かった。