Tag Archives: 和書、

「雨のことば辞典」倉嶋厚、原田稔 原本2000年、講談社文庫2014年

2016-03-02 13.26.49
テキサスは乾いている。雨が滅多に降らない。降れば土砂降り。

”It’s raining cats and dogs out there.”

のように、英語ではあたかも空から猫や犬が落ちてくるように土砂降りを言い表すが、なぜ、猫と犬が落ちてくるのかと聞かれても、はっきりした理由はわからない。17世紀のイギリスの詩の中に出ているそうだが、決定打はなく、様々な説があるらしい。

「土砂降り」をこの本では「非常に激しく降る雨」と定義している。もちろん、この”It rains cats and dogs.”についての説明もある。徳島県海部地方では、雨が降り続くことを「どしゃける」と言い表すのだそうだ。面白い。

隣のページには

「富下がり(とみさがり)」という言葉がある。正月の雨を「嫌だなー、せっかくのお正月なのに雨降りで」と文句を言うのではなく、逆に、めでたいと思う縁起言葉なのだそうだ。農業に携わる人にとって雨への思いは格別で「富が降ってくる」と考えたのだろうと。

アフリカのボツワナではお金の単位が雨を意味する「ブラ」なのだという興味深い説明もある。

気象庁主任予報官やNHKの気象キャスターを務めた倉嶋氏と、郷土史家の原田氏が1200に及ぶ雨に関する言葉、季語、地方の言葉などを集めた。所々に天気図や水蒸気、気圧、の専門的な解説があるかと思えば、俳句に関連する説明は短い読み物としても楽しめる。

目的なくページをめくって聞いたこともない瑞々しい言葉に出会えるると、宝を掘り当てたように嬉しくなる。

「気 健康生活の原理 – 活元運動のすすめ」野口晴哉 1976年

「気 健康生活の原理 – 活元運動のすすめ」野口晴哉、 1976年

文庫本サイズ、164ページの健康生活を送るために、独自の法、活元運動について解説している。

今でこそインターネットには「これをやれ」「〜をするな」「〜を食べろ、食べるな」の情報が氾濫しているが、彼は40年前に彼の主張を本で広めようとした。体には自然に備わった治癒力、健康に体を保とうとする能力が備わっているので、体の反応に耳を傾けて、熱や痛みが出たとしても矢鱈に短時間で元に戻そうとするなと言っている。

熱が出るのは体内に侵入したばい菌を殺す体のメカニズムが働いているのだから、注意してそれに従えと。また、体のパーツ毎に特化した治療(薬による)をすると、そのパーツは良くなっても、他のパーツが弱ったりもする。体は多くのパーツの集合体であって、全体として機能させる必要があるというものだ。

つまり、病気になるのは、体が弱いわけではなく、一つのプロセスなので、その反応を上手く通り抜けさせれば、更に元気になるとも。そして、そのように体が素直に反応できるように「邪気を吐き出す」やり方、パートナーを伴い互いに「心を空っぽ」にして、気を注ぎ合うというような所に来ると、これを信じてやるかどうか、心と頭に訊くことになる。

不安や気の病を薬で沈めたり、高めたりする受動的方法が一般的になっているが、自分の体を自分でコントロールするという能動的方法は体にずっと優しい筈だ。瞑想、ヨガなどの効用とも通じる伝統的な考え方で、「気」を与え合うというのは、更に一歩進んだ考え方かもしれない。