Tag Archives: 和書

本「花と龍」- 火野葦平が両親を書いた

「花と龍」火野葦平

花と龍

火野葦平 1952年〜3年

アフガニスタンで砂漠に水を引く事業の先頭に立って、アフガンの民を率いている日本人医師中村哲氏の叔父さんが火野氏であり、花と龍の主人公玉井金五郎とマンが彼のご祖父母だとは全く知らなかった。

それが、ある時、若い友達と中村医師の話をすることがあったのだが、

彼女が「私、彼のおじいさんの本、持ってます。読みませんか?」と貸してくれたのが、この本だった。

実話、つまり火野葦平は両親を書いたというのだが、あまりにロマンチックで、どこからどこまでが事実なのだろうかと思いつつも、疑うことを忘れてしまう良くできた冒険譚でもある。

日本が工業化して行く明治の終わりから昭和の時代。貧しくとも野望を持って生きた若者たちがいた。

玉井金五郎もマンも教育はなく貧しい出で、九州若松の港湾で沖中士をしていた。教育はなかったとは言え、彼らは知恵や人間として望ましい生き方の核とも云うべきものを持っていた。金五郎は一介の流れ者の労働者から生来の肝っ玉の太さ、人と素直に接する心構え、それに努力で「親分」にまで登り、労働者の側に立った「組」を発展させて行く。妻のマンは良き理解者で、一生を通じての恋人。ビジネスパートナーでもあった。

題名の龍は金五郎が賭博場で知り合った芸者に彫らせた刺青で、彼のシンボルでもある。マンはその頃の女性としては実に個性的で近代的。めかけを持つ男を認めず、めかけに腑抜けにされて仕事もまともにしなくなった「親分」に腹を立て、また、男をだめにしてしまった、そのめかけを家から追い払ったりしている。つまり、夫のマネジャーの尻をたたいて、会社の存亡がかかっている時に、愛人を追っ払って仕事をさせたような人だ、現代のコンテクストでは。

とにかく彼女は明るくて賢くて、しかも強い。

北九州一体を「仕切っていた親分」吉田磯吉は、そのまま国会議員になり睨みをきかしたようだ。

調べてみたら、山県有朋なども、暴力を嫌った玉井金五郎の宿敵であった吉田磯吉を繰っていたという。このあたりの資本家、政治家、暴力団との癒着などは読んで興味深いが、悲観的にもなる。暴力を避けて、弱いものの側に立ち、義を通して目的を遂行させようとする玉井金五郎の生き方、そのDNAは中村医師に引き継がれているのだろうと思える。

金五郎に惚れ抜き、サイコロを振る妖艶な芸者お京は「やくざ映画」になりそうだと読みながら思ったら、やっぱり沢山の映画がこの花と龍を下地に作られていた。

本「人生がときめく片付けの魔法」近藤麻理恵

近藤麻理恵
人生がときめく片付けの魔法

 

「片付け道」教本2冊。

「捨てる」「捨てる」そして 「捨てる」。キーワードは「ときめき」。

アメリカのベビーブーマーがダウンサイジングをする時期にきて、自分の持ち物を子供に譲り渡すつもりでいたのに、子供にはその気がなくて落胆する親が多いという記事を読んで、この本を思い出した。

世界各国で好評らしいので、バッサバッサと捨てられたモノがゴミと化して世界各地のゴミ捨て場が満杯になったか、なるのではないか。

退場させたモノの行く先、その末路、或いは経済的影響までは心配せず、ひたすら、「あなたの今いる場」をときめく場に変化させましょうに徹している。

デパートの売り上げが落ち続けているのも、この本を読んで片付けた後には「ジャンク」を買いたくはないし、少ないモノですっきり暮らしていけることに気付いて、それが好きと分かってしまった人が増えたからかもしれない。お土産、可愛い小物売りやさんなども困っているかもしれない。

私はこの本を読まずに「捨てる」を実践した。4年前、2階建て4寝室3浴室1シャワー・トイレの家から2寝室2浴室のアパートに引っ越した。その時は、「この洋服、この鍋、本は触ってトキメクかしら」などと言っている余裕はなく、兎に角期日までに所有物を3分の1までに減らす必要があった。ドラスティックなダウンサイジングであった。

但し「捨てる」ことはせずに中古品として売り出す、人にあげる、又は寄付をしたものが多かった。彼女が薦めるような縫いぐるみの「目を隠す」こともなく、袋に塩を入れて、ありがとうと言いながら捨てることもなかった。誰か次の人が使ってくれるだろう、と気が楽だった。

その過程で無感情に片付けて、モノを減らしたと言いながら、やっぱりこんまりさんが何度も話している「自分にとって本当に必要なモノ」かどうかを選別したと思う。

彼女は触ってときめくモノかどうかを捨てるか残すかの判断基準にしている。そして、片付けの終わったときめく生活空間で自分がやるべきことに情熱を捧げなさい、片付けは究極のゴールではありませんと唱えている。

これを聞くターゲットは一人暮らしの独身女性か、ライフスタイルの雑誌を愛読するような人で、子供がサーッカーの練習から帰って砂の混じった泥々の靴を脱ぎ散らかしたり、ストレスが激しく部屋いっぱいにモノを散らかしている女子高生がいるような人ではないだろう。オトーさんの臭い靴下や下着などもあまり片付けについては考えたくないかもしれない。モノの少ない、整理整頓された部屋に置かれた赤ん坊は、涎を垂らしながら「引っ張り出して、うるさい音を立てて散らかす」体験をあまりできずに育つかもしれない。どうだろうか?

捨てられない(選択をできない)理由に「過去に対する執着」「未来に対する不安」を上げている。同感する。更に言えば、人に対してどのくらい気を許すことができるかにも繋がってくる。育った環境が関係して、自己防御をしながら生きてきた人の心を変えるのは大変なことだ。それを、こんまり流片付け術で変えられるのなら、精神修養のリーダーと言える。彼女は片付けに情熱を注ぎ小さい時から打ち込んできた。それは天職とも言え、人をそれに依って惹きつけているので、茶道や花道と並ぶ「片付け道」のマスターとも言える。現在を重視するのは、一期一会など同じ考え方だろう。

パンツやストッキングの畳み方などをきちっと教えようとするのは、お茶室の入り方、右足を後ろに引いて何歩で畳の縁をまたげと細かく教えるのと同じだ。彼女の理論を説明したのが「人生がときめく片付けの魔法」。ピタリと決まる正しいたたみかたなどを図解したのが「イラストでときめく片付けの魔法」

そのうちに、Karate, Judo, Sushiなどのように、Katazkeyなどという言葉が世界語になるかもしれない。

 

 

 

本「野ばら」林真理子

「野ばら」林真理子 文春文庫2007年

この本には、いわゆる一般人は登場しない。若いながら女の扱いを知っている女形の歌舞伎役者、彼との結婚を切望している宝塚の娘役、若い女性を羨ましがらせる記事満載の雑誌のライターなど、キラキラしている人ばかりが登場する。例え家事手伝いのような一般人と括られるような立場にいても、親がレストランを経営していたり、良い家柄の出で外資銀行に勤めるというような説明がつく人たち。

慶応、青山、聖心あたりの学校に小さい時から行っていて、ファッショナブルな生活が当たり前の暮らしをしてきた、そういう25歳前後の男女が繰り広げるロマンス小説だ。デートやイベントの場所は祇園、亀岡、銀座、麻布、赤坂、乃木坂などで亀戸、両国、北千住などの地名は出てこない。キーワードは、

歌舞伎、宝塚、舞台、芸能界、財界、医者、レストラン、ワイン、デザイナーブランド、着物、大使館、外国、ホテル、結婚

お昼のワイドショーに旅行ガイド雑誌を組み合わせたような物語だ。想像力を働かせることは一切必要なく、「私もしてみたいわ〜」というロマンスを、

メニュー1 ピンクのイメージで宝塚女優の千花のコース

切望した歌舞伎役者とは結ばれず、宝塚のトップにもなれない。でも、テレビ女優に転向し、高校時代の友達で成功した良いうちの坊ちゃんと結ばれて、そこそこハッピーになれる予感がする

メニュー2 ダークパープルのイメージ。ライターの萌のコース

妻子ある(妻は二番目。 最初の妻の娘は屈折した心を持つ高校生)映画評論家を積極的にアタックし、彼を自分のモノとするだろうという予感

メニュー3 黒のイメージ。地味な図書館司書をしながら不倫騒動に巻き込まれた萌の母親のコース

元々、良い家柄の出で、大学卒業を待つことなく映画俳優と結婚。娘を連れて離婚し、その後は地味な暮らしをするも、本来は上に上げたキーワードが似合う人だ。不倫騒動の後は手にしたお金と自然に身についている高級感覚でビジネスをやっていくだろうという予感

サイドメニュー

退団した宝塚女性の裕福な暮らし

等のメニューから選べるようになっている。知らなかった宝塚の内部の話は興味深い。それにしても、動画で見た宝塚の人気男役は汗臭い臭いのしない、ジャニーズ系、またはKポップ歌手と同じように見えた。非現実的な綺麗な「男の姿」である。