Tag Archives: 政治

本「ダークマネー」ジェーン・メイヤー

Dark Money by Jane Mayer, 2016年

dark money

雑誌ニューヨーカーのスタッフライターのジェーン・メイヤーは、アメリ政界にお金をばらまいて裏で政治家を操っているコーク兄弟について調べ上げて、約450ページにまとめた。

裏表紙には兄弟が関係した基金、財団が寄付した金額と寄付先の表が書かれている。表紙からはみ出しそうな数である。見てみると、聞いたこともない、何をやっているのかも分からないOhio 2.0に66万5千ドル、Arioch Project に32万2千ドル、明らかに右寄りのTea Partyと関係しているだろうと思えるState Tea Party Expressに60万ドルを寄付している。その他諸々、2009年から2013年に至る連邦政府に提出された書類から拾い上げてきたものだ。

団体だけではなく、大学もリストされている。14万ドルがGrove City College、14万3千ドルがHillsdale Collegeに。金額からすると教授一人の年間のサラリーがやっとくらいの額だ。あちこち、ちょびちょびとアカデミアにばら撒いているのが分かる。スケールの大きな寄付先としては、ヴァージニア州のGeorge Mason Universityが選ばれている。約29億ドル。お金持ちが自分のお金を寄付するのだから、人に批判されることはないだろうと思える。が、しかし、これらの寄付は「学校が好きにお金を使っていいよ」ではなく、コーク兄弟の思想が広まるようにプログラムされているらしい。教授による政治政策の授業から、パンフレットの配布まで、規模と内容とで寄付額が決まるのは想像がつく。

その彼らの広めたい思想とは何か?

財産所有者の権利を守り、市場経済に委ねた、政府の規制や税金なしの自由経済社会を理想とするリバタリアン社会だ。福祉や地球温暖化などは彼らにしてみればありえない話なのである。その自由市場経済社会を実現するために教育の中に思想を組み込んだり、政治家にお金を出している。票は買うことはできるという前提だろう。 時々愚かな発言をした前のテキサス知事について、なぜ、このような人が知事に選ばれて、しかも、大統領選に二度も出たのかが、この本によって想像できた。前知事は彼らの使いっ走りになるつもりだったのだろう。同じように超保守の途中で大統領選を降りたテキサスの上院も然り。直接それが本の中で述べられているわけではないが、政治献金のこと、共和党のブレーンのカールローブなど、テキサス政治に関係していた人を思い出すと、そう考えられた。

彼らの父親は反共主義で、それを小さい時から彼らの頭に植え付けた。民主党の方針は彼らにとっては共産主義も等しく、潰さなくてはならないものだった。

では、そういう父親とは一体、どのような人だったのか。裕福な彼らの家庭と生い立ちはどうだったのか、影響を及ぼしたのはどのような人たちか、などをパート1で説明している。その後に献金ネーットワークや金額、それに関わる政治家や運動家について延々と述べられるが、正直それに辟易した。最後に、どんなにお金を使ったところで、彼らの目標だった、「オバマ大統領の再選を阻止する」ことは結局できなかった、と読者は溜飲を下げて本を閉じるのではないだろうか。

「動乱のインテリジェンス」佐藤優 手嶋龍一

「動乱のインテリジェンス」佐藤優 手嶋龍一、2012年

日本の周辺で起こっている外交問題

中国のインテリジェンス

鳩山元総理、及び鳩山家に関わるイランとの外交の問題

イラン、北朝鮮の核問題

アジアに於ける勢力地図

国際政治・外交に詳しい二人が談話形式で、2012年当時の出来事を解説している。

現在、泥沼化しているシリアの問題も既に、当時既にイラン、ロシア、イスラエル、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスがぬかるみに足を突っ込んでいることがわかる。ある国は、膝までぬかるみに浸かり、ある国は足をちょっと入れてみた程度なのかもしれないが、ここに北朝鮮が一枚加わっていたとは。

北朝鮮の核技術がシリアに輸出されていると言うのだが、国民が食うに困るほど貧乏なのに、核関連の技術を他国に輸出するほどの頭脳集団が存在していた(いる)ことが驚きだった。ロシアとイスラエルはアサド政権が倒れて空白ができると、アルカイダが入ってきて、それは困ると言う。ロシアにとっては、アルカイダの連中がチェチェンに影響を及ぼすのが嫌で、イスラエルは交渉の窓口を一本にしておきたいがためにアサドを支持していると説明する。それから3年が過ぎた今、アルカイダは「既に年寄り化した、時代にそぐわないテログループ」に成り下がり、混迷は増すばかり。

そうしたバックグラウンドや、中国に深く入りこんだと思われる英国の情報機関のエージェントだったと思われる人の死、MI6などは外交ゴシップとして聞くのも面白い。

どこの国も狡猾な外交官や政治家が凌ぎを削っており、良い「おともだち」として付き合いたいと願い、そのつもりで付き合うのはあまりにナイーブな話だということが分かる。