Tag Archives: Nonfiction

本 The Treatment Trap – アメリカ医療のネガティブな一面

 

The Treatment Trap

The treatment Trap

Rosemary Gibson,
Janardan Prasad Singh

2010年

私たちはお医者さんに

「あなたはガンです。抗がん剤で治療をしましょう」或いは

「あなたのお父さんは心臓病でバイパス手術が必要です」

「子宮の腫瘍が悪性です。子宮を切り取ってしまいましょう」

と言われた時に

「ちょっと待ってください。第二、第三、第四の意見を聞きますので、直ぐには決めません。それと、治療によって起きうるマイナスの面、治療をした場合の延命率、QOL(生活の質)向上のデータを知りたい。その病院、執刀する医師のデータはあるのか、失敗する確率はどのくらいか。医学の学会誌に掲載されたような記事はあるのか」

などとお医者さんに聞けるだろうか。恐らく聞けずに、家に帰ってインターネットでサーチして有象無象の記事を読み、友達や親戚に意見を求めたりするのではないだろうか。そして、多くの場合、はっきりした結論は出せなくて、何もしないより、何かしたほうが良いだろうという結論に立ってお医者さんにお任せすることが多いのではないだろうか。

この本は中途半端なその態度は良くないと言っている。それを直して、とことん調査をして自分が主体となって決定しない限り、不必要な治療は止まらないと。そして、日本やヨーロッパの事情がどうかは分からないが、アメリカの「グリーンモンスター(お金)」に駆られた行き過ぎた治療に警鐘を鳴らしている。

不必要な治療により命を落としたケース、多大な医療費の浪費、政治とウォールストリートと結びついた利益重視の病院経営など、その事例が延々と語られていて、溜息をつきながら読むことになる。警鐘の本なので、患者が助けられた明るい話はない。

アメリカの五大湖沿岸の都市を旅行した時に、嘗ては隆盛を極めたであろう寂れた中心部にピカピカの大学と異様な規模の巨大病院を見た。一体、どのくらいの数の病人がここの施設に収容されているのだろうか。仮に人々がどういう方法かで健康になってしまったら、あの施設はゴーストタウンと化すわけで、常に一定数の患者(お客さん)が必要なのだろうと想像した。それにアメリカでは、多くの医者が多額の教育ローンを返済しなければならないこと。また、裁判沙汰になるような医療ミスを防ぐために、過剰と思われる治療が施されることもあるだろう。医療分野に群がって蜜を吸おうとする人々がいる限り容易に解決できる問題でもないだろう。

特に目新しい事は書かれていないが、医療費でつぶされて崩壊する前に、この自分の不確かな命と体をどう扱うのかを考えなくてはいけないと思った。

日本語翻訳が「治療のわな」という題で出されていた。

 

本「ダークマネー」ジェーン・メイヤー

Dark Money by Jane Mayer, 2016年

dark money

雑誌ニューヨーカーのスタッフライターのジェーン・メイヤーは、アメリ政界にお金をばらまいて裏で政治家を操っているコーク兄弟について調べ上げて、約450ページにまとめた。

裏表紙には兄弟が関係した基金、財団が寄付した金額と寄付先の表が書かれている。表紙からはみ出しそうな数である。見てみると、聞いたこともない、何をやっているのかも分からないOhio 2.0に66万5千ドル、Arioch Project に32万2千ドル、明らかに右寄りのTea Partyと関係しているだろうと思えるState Tea Party Expressに60万ドルを寄付している。その他諸々、2009年から2013年に至る連邦政府に提出された書類から拾い上げてきたものだ。

団体だけではなく、大学もリストされている。14万ドルがGrove City College、14万3千ドルがHillsdale Collegeに。金額からすると教授一人の年間のサラリーがやっとくらいの額だ。あちこち、ちょびちょびとアカデミアにばら撒いているのが分かる。スケールの大きな寄付先としては、ヴァージニア州のGeorge Mason Universityが選ばれている。約29億ドル。お金持ちが自分のお金を寄付するのだから、人に批判されることはないだろうと思える。が、しかし、これらの寄付は「学校が好きにお金を使っていいよ」ではなく、コーク兄弟の思想が広まるようにプログラムされているらしい。教授による政治政策の授業から、パンフレットの配布まで、規模と内容とで寄付額が決まるのは想像がつく。

その彼らの広めたい思想とは何か?

財産所有者の権利を守り、市場経済に委ねた、政府の規制や税金なしの自由経済社会を理想とするリバタリアン社会だ。福祉や地球温暖化などは彼らにしてみればありえない話なのである。その自由市場経済社会を実現するために教育の中に思想を組み込んだり、政治家にお金を出している。票は買うことはできるという前提だろう。 時々愚かな発言をした前のテキサス知事について、なぜ、このような人が知事に選ばれて、しかも、大統領選に二度も出たのかが、この本によって想像できた。前知事は彼らの使いっ走りになるつもりだったのだろう。同じように超保守の途中で大統領選を降りたテキサスの上院も然り。直接それが本の中で述べられているわけではないが、政治献金のこと、共和党のブレーンのカールローブなど、テキサス政治に関係していた人を思い出すと、そう考えられた。

彼らの父親は反共主義で、それを小さい時から彼らの頭に植え付けた。民主党の方針は彼らにとっては共産主義も等しく、潰さなくてはならないものだった。

では、そういう父親とは一体、どのような人だったのか。裕福な彼らの家庭と生い立ちはどうだったのか、影響を及ぼしたのはどのような人たちか、などをパート1で説明している。その後に献金ネーットワークや金額、それに関わる政治家や運動家について延々と述べられるが、正直それに辟易した。最後に、どんなにお金を使ったところで、彼らの目標だった、「オバマ大統領の再選を阻止する」ことは結局できなかった、と読者は溜飲を下げて本を閉じるのではないだろうか。